« (23.7.5) 中国の不動産バブルは崩壊前夜 | トップページ | 823.7.7) 刑事コロンボのピーター・フォークさんが亡くなられた。 »

(23.7.6) サル山のボス猿は誰か? 落ちた猿になった松本復興相

2362_026  

 思わず失笑してしまった。岩手・宮城の両県知事を訪問した松本復興相が高崎山のボス猿合戦をし、結果的にボスの座を追われてしまったからだ。

 ことのおこりは宮城県庁を訪問した松本復興相を宮城県の村井知事が出迎えず、後から応接室に入ってきたことに腹を立て、暴言を吐いたことに始まる。
「(
自分なら)立ってお迎いするよ
お客さんが入ってくるときは、自分が入ってからお客さんを呼べ。自衛隊ならそんなことやるぞ」言い放った。
村井知事は自衛隊出身である。

 メディアは一斉にこうした松本復興相の高圧的な態度を非難し、「国と地方自治体の間には上下関係はない」と松本氏の態度を非難した。
確かに建前上は国と地方自治体との間には上下関係はないが、実際は地方自治体の長は国の担当大臣や所管官庁に日参して、地方交付税等の予算獲得に血なまこになっており、与えるものと与えられるものの上下関係は存在する。

 松本氏は当然復興相としての与える立場にあると思っていたのが、信じられないことに村井知事がそうした上下関係を無視して、遅れて応接室に入ってきたのだ。
そのため精神の安定感を欠いた松本大臣は言い放った。
お前は誰が高崎山のボス猿か知らないな。なら教えてやろう

 終始松本氏が村井知事にぞんざいな言い方をしたのはボス猿としての威厳を示したかったからだ。
「(漁港の集約をしたければ)県でコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々は何もしないぞ。ちゃんとやれ」とますますヒートアップした。

2362_045_2  

 日本人なら誰でも知っているが、日本社会ではどこでも微妙な上下関係が存在する。
たとえば会社であれば課長と部下と言う明確な上下関係以外に、課長間でも実力課長とそうでない課長との間、部下の間でもベテランと新米、能力の有る者と無能な者との間に、いわば目に見えない上下関係が網の目のように張り巡らされている。
そしてこれを無視したり破ったりするとその社会からひどい迫害(大抵の場合は無視されて干される)を受ける。
よくテレビドラマでするお局様と新人女性社員との確執もこの範疇だ。

 人間も社会的動物だから、他の社会的動物(猿やジャッカル等)が必ずそうするように順位付けを行い、順位が確定すると安定した社会関係が得られる。
特に日本では順位によって言葉使いが異なるから、いち早く順位付けをしなければならない。
通常日本人は3種類の言葉を使い分ける。

① 目上の人に対する丁寧語。
② 同僚に対する打ち解けた言葉
③ 目下の人に対する命令語、またはぞんざいな言葉


 順位付けが終われば使用する言葉も決まり、その言葉によって態度も決まるので安定した人間関係が構築される。
猿で言えばお尻を差し出し、毛づくろいをするのと同じだ

 しかし両者がボス猿合戦をするとことが面倒になってくる。実力で雌雄を決しなければならない。
村井知事は気骨有る知事だから無論自分の方が松本大臣より上だと思っている。
だから応接室に遅れて入ってきた
これもサラリーマンなら誰でも知っているが会議が開催されて、一番最後に入ってくる人がボス猿だ。

注)私がかつてサラリーマンだった時部長より常に遅れて会議室に入ってくる課長がいた。部長は酒の席で「この部の本当の部長は○○課長だ」とこぼしていた。

 松本大臣は自分がボスとして扱われないので、怒りが頂点に達し精神が不安定になってしまった。そこで、ボスの威厳を示そうと躍起になったのが今回の訪問での言葉遣いである。
俺がボス猿だ、毛づくろいをしろ、毛づくろいだ!!!」怒鳴りまくった。

 さすがに村井知事は大人で「お互いの立場を尊重する時は命令口調でないほうがいいと思う」とコメントしたが、本音は「あのバカ猿が・・・・・」と言うところだろう。
そして世間では「松本氏はボス猿にあたいしない」と轟々の非難がでたため、さっそく菅総理から首になってしまった。

 松本氏はボス猿合戦で「落ちた猿」になったのである。


別件)「おゆみ野四季の道」「おゆみ野四季の道 その2」のカウンター10000を加えました。











 

 

 

|

« (23.7.5) 中国の不動産バブルは崩壊前夜 | トップページ | 823.7.7) 刑事コロンボのピーター・フォークさんが亡くなられた。 »

災害 東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.7.5) 中国の不動産バブルは崩壊前夜 | トップページ | 823.7.7) 刑事コロンボのピーター・フォークさんが亡くなられた。 »