« (23.7.23) NHK クローズアップ現代 迫る「食料高騰」時代 | トップページ | (23.7.25) NHK クローズアップ現代 新しい金融 市民ファンド »

(23.7.24) NHK 遺伝子組み換えサケは認可されるか?

21_538 

 NHKのワールド・ウェーブで遺伝子組み換えサケがアメリカの食品医薬品局で認可されるかどうかの特集を放映していた。
遺伝子組み換えサケとは成長が普通のサケの2倍の速度で、大きさが3倍にもなるあのサケのことである。

 このサケは太平洋産のサケキングサーモン他の魚の遺伝子を組み込んで遺伝子操作したもので、肉質は天然産のサケとまったく変わらないという。
実に巨大なサケで自然のサケと比較すると小錦舞の海程度の差がある。

 この情報は昨年クローズアップ現代で放映されていたので知っていたが、それがついに食料として認可されるかどうかの最終局面に来ていた。
アメリカではすでに大豆の90%、トウモロコシの80%が遺伝子組み換え食品になっており、収穫量が飛躍的に増大し病気に強い品種になっている。

注)クローズアップ現代の記事は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/221127-nhk.html 

 今までは植物の領域だったがついに動物の領域にこの技術が応用されるようになった。
バイオ産業はこの遺伝子組み換えサケの認可を求めて強力なロビー活動をしており、一方アラスカの漁業者がアラスカ選出の議員を巻き込んで反対運動をしていた。

 当初は食品薬品局は認可に前向きだったが、アラスカ漁民の反対がとても強いので、条件付きで認可を降ろしそうだ。
アメリカでは遺伝子組み換えか否かの表示義務は現状ないのだが、このサケを認可するに当たっては「天然産との識別表」をさせられることになりそうだ。
いわば顧客に選択を任せようとの態度で、「天然産のサケか、それとも安いが将来どのような影響が出るか分からない遺伝子組み換えサケ」を自由に選ばせようとしている。

 この遺伝子組み換えの議論は実は「人間が神の領域に入り込んでいいのか」という宗教的な問題をはらんでいる。
自然界では有る一定の確率で突然変異自然界の遺伝子組み換え)が起こりそれが環境に適応できればその後地球上に存続し続けることができる。ダーウィンの言う適者生存だ。

 バイオの研究はその数十億年をかけて行われた自然の営みを、研究室の中で短時間で行って意図的に適者生存をさせようとする試みといえる。
数十億年を数年に短縮する試みといえるし、また自然と人工の闘いともいえる。

 また研究者の目から言えば、たとえば犬などを見ると非常に多くの種類がいるがこれは人工交配を繰り返したからだが、これと同じことを遺伝子レベルで行っているに過ぎないと言うことにもなる。

 アメリカではバイオ産業が次世代のリーディング産業になるとの認識から、遺伝子組み換え動物も積極的に受け入れようとしている。
今はサケだが、次は牛や豚や馬あたりがターゲットになって、現在の牛や豚の3倍程度大きな牛や豚が現れたり、サラブレッドの3倍程度の速さの競走馬が出てくる可能性がある。

 人間に応用すれば女性はマリリン・モンローオードリー・ヘップパーンになってしまい、男はトム・クルーズばかりになってしまうかもしれない。
もちろん頭はアインシュタイン並にすることも可能になるから、そうしたことを試みる科学者も現れるだろう。

 この問題は「人間はどこまで神の領域に手を突っ込んでいいのか」と言う問題だから、今後は一層宗教問題に発展していく可能性が高い。
日本人は遺伝子組み換えに消極的だが、アメリカがこの分野の研究を加速化させることは確かなようだ。
結局はアメリカにリードされて、おっかなびっくりだが遺伝子組み換え動物を少しずつ許容していく方向ではなかろうか。

 

 

|

« (23.7.23) NHK クローズアップ現代 迫る「食料高騰」時代 | トップページ | (23.7.25) NHK クローズアップ現代 新しい金融 市民ファンド »

NHK ワールド・ウェーブ」カテゴリの記事

コメント

植物についてはモンサントというヤクザな企業の先例があります。
先日は、自家栽培した苗を保有したという理由で数十日も拘禁されるというニュースもありました。
傍目には凄くばかばかしく見えるのですが、現実にそういう法令が施行されてしまっています。
日本も対岸の火事ではないのですが、一般的な農家も含め、関心が低いのが残念なところです。

数年前の時は熱心に反対運動があったそうですが…。これを周囲に伝えようとしない社会も困ったものです。
現在進行中のパブリックコメント募集を掲示しておきます。(モンサントの申請もありましたが)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195110017&Mode=0

動物については、他品種との交配による「三倍体」という仕組みもありますが、これを固定化したものなのかな?
(植物にも近縁種の交配で大きく生育する三倍体があります)
問題は「経済効率」を理由に、従来の品種が駆逐されるような事があれば、「生物多様性」に反する点でしょう。
モンサント社は農薬などもセットにしていますが、有害性も考えないといけないところです。
そうやってひ弱な品種ばかりになった時、何かの変異で全滅、となったらどうするでしょうね。
所詮はカネ、という深謀策略には毅然とした態度が必要でしょう。

投稿: 横田 | 2011年7月24日 (日) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.7.23) NHK クローズアップ現代 迫る「食料高騰」時代 | トップページ | (23.7.25) NHK クローズアップ現代 新しい金融 市民ファンド »