« (23.7.17) 精神性胃炎に悩んでいる | トップページ | (23.7.19) 平成の女性は太陽だった  なでしこジャパン ワールド・カップ優勝 »

(23.7.18) 日本輸出産業の崩壊 日本ほど物作りに不適な場所はない

21_963 

 再び円高が進み輸出産業が悲鳴をあげている。東日本大震災でひどいダメージを受けている日本の円が高くなるとは信じられないような現象だが、ヨーロッパとアメリカが悪すぎるからだ。
言葉がよくなくて恐縮だが、日本と西欧とアメリカはいわゆる不美人コンテストをしているようなもので相対的にましな国の通貨が高くなっている。

注)もう少し視野を広げると先進国の通貨が相対的に低下し、中国のような新興国の通貨が上昇している。

 ヨーロッパはギリシャやイタリアで火を吹いているが、基本的な原因はリーマン・ショックを覆い隠していたイチジクの葉が一枚一枚剥がれているだけだ。
サブプライムローン問題や過剰な不動産投資の焦げ付きを金融機関から政府に移したが、その政府が今持ちこたえられなくなっている

 日本では1990年前後のバブル崩壊以降長期低迷に入っており、いわば症状が慢性化(その間何回も景気対策が打たれているしているのに対しヨーロッパは今その症状が劇的に出ているのに過ぎない。
アメリカも同様にサブプライムローン問題が一向に片付かない。
不動産価格は傾向的に低下しており、時に持ち直すように見えるがぬか喜びに終わっている。
不動産融資に熱心だった地方の金融機関が次々に倒産しているのは相変わらずで、製造業はとっくの昔に中国に生産拠点を移しているので失業率は高止まり(9%から10%の間を行ったりきたりしているしてオバマ大統領の再選に赤信号がともっている。

 今日(17日)のNHKのテレビで国内の主要な輸出産業が想定している為替相場は80円~85円の間で、今回のように78円台になると国内の空洞化が進むだろうと述べていた。
さらに電力の供給制限が追い討ちをかければ、日本で製造業が生き残っていく条件はさらに厳しくなると述べていたが、実際日本ほど輸出産業にとって厳しい環境はない

 日本が輸出主導型の景気回復が不可能になったのは失われた20年に突入してからだが、それでもリーマン・ショックまでは輸出産業の業績は良かった。
トヨタが史上最高の利益をだしてわが世の春を謳歌していた頃のことである。
実際なぜ日本で輸出産業が成り立っていたかと言うと、政府・日銀が超低金利・超金融緩和政策を継続して金のたたき売りをしていたからである。

 この間世界のヘッジファンドは日本から安い資金を調達し、それをドルに換えて(このとき円は円安になる)世界中で不動産やコモディティ投資を行っていた。
これが限界を越えてしまったのがリーマン・ショックだが、その後はアメリカも西欧も日本に倣って超低金利政策に転換したため、日本だけが円安を享受することができなくなってしまった。
互いの為替の切り下げ管理通貨制度の下では直接の切り下げを行ったが、変動相場制の元では超低金利・超金融緩和で行う)競争をすれば円だけが安くすることは不可能で、瞬く間に1ドル、120円前後だった円が80円前後になり、1ユーロ、170円前後だった円が110円前後にまで円高が進んでしまった。

 3年間のあいだに約35%程度の円高が進んだのだから(輸出産業にとっては製品価格が、35%安くなった)これで輸出産業に競争しろと言うのが無理だ。得意の液晶も韓国メーカーに完全に水をあけられ、ソーラーパネルも売れなくなり、自動車産業も国内での生産がむずかしくなった。

 そこに追い討ちをかけたのが東日本大震災でこのため日本の電力供給に赤信号がともってしまい、円高と電力不足のダブルパンチに見舞われている。
輸出は今劇的に減少しており、貿易収支は悪化の一途をたどっている。

 私は何回もこのブログで言っているが、日本は製造業を主体とした輸出産業構造が崩壊した以上(実際の崩壊は1990年前後)、次世代の産業にシフトする以外に対処の方法がない。
次世代産業のモデルはアメリカにあり、それは金融関連産業とIT産業である。

注)経済循環論の立場から言うと輸出立国がいつまでも輸出立国でいられる条件はない。貿易収支の黒字が続くとその国に資金が集まりすぎて通貨高になるためで、輸出産業が振るわなくなり一方金融業が隆盛になる。
アメリカやイギリスがそのパターンの経済発展をしてきた

なおアメリカの金融業界はリーマンショックで手痛い損害を得たが、その後のアメリカの低金利政策を利用して大復活を遂げている

 リーマン・ショックであれほど手痛い痛手を蒙った金融関連産業がなぜ次世代産業かと言うと、円高通貨の価値が高いということ)の日本では通貨こそがもっとも高く売れる輸出商品だからだ。
この辺の感度は普通の人にはないかもしれないが、通貨も一つの商品に過ぎない。もっとも高く売れる商品を売るのが商売の鉄則で、家電やソーラーや液晶や自動車は韓国、台湾、中国に太刀打ちできなくなっている。

 日本の不幸はこのたった一つの高額商品を低金利と超緩和策によって叩き売りをしていることで、これでは日本が貧乏になるのは当然だ。
さらに問題を悪化させているのは1400兆円と言われる個人預金のほとんどを国や地方自治体が公債で吸い上げ、もっとも不要な道路建設やダム建設に使用していることだ。

 本来は10%~20%程度のリターンが期待できる円を1%程度の国債購入に投入し、さらに国は景気対策として不要の箱物を作り続けている。
これで日本の景気が上向くと思うほうがどうかしている。
製造業は必然的に海外に出て行かざるえないのだから、日本は金融関連産業を強化し、馬鹿げた国債発行をやめれば必然的に景気は上昇過程に入る。

注)このあたりの説明はとても難しい。政府が低金利政策をとればその資金を利用して海外で稼げばいいのだが、日本の場合は財務省と金融庁の金融支配が貫徹していて、資金を国債購入等に回すように行政指導されている。

 シンガポールの戦略がそうしたもので、現在アジアの金融センターはシンガポールだが、本来は東京がそれにならなければいけない。
日本は製造業にこだわるあまり、基本戦略で間違っており、これでは日本経済の長期低迷は当然といわざるえない。

注)私の個人的立場は日本が長期低迷に陥りGDP競争から脱落するのはいたし方がなく、物質的には貧しいが自由に時間を使える社会が相応しいと思っている。
したがってさらに日本が豊かになることを望んでいる訳ではないが、もし日本経済の処方箋を書くとしたら上記のような内容になり、製造業中心の再生はありえないことを明確にしておきたかった。





 

|

« (23.7.17) 精神性胃炎に悩んでいる | トップページ | (23.7.19) 平成の女性は太陽だった  なでしこジャパン ワールド・カップ優勝 »

評論 日本の経済 財政金融政策」カテゴリの記事

コメント

アメリカ型を見本にしてきて、グローバリゼーションによって国内産業がボロボロになったのに、またアメリカを見本にする、という発想に驚きました。

金融産業やIT産業は、人的労働が必要になりにくい産業だし、一部のエリートが富を享受しやすい産業だとも思うので、ワーキングプアが問題になっている日本にふさわしい産業と思えません。

これまで破壊してきた環境の回復・保全に税金と労働力を投下できれば、雇用を創出できると思うのですが、そんなことを考えている人は少ないですね...

(山崎)経済構造は製造業中心の貿易立国の段階から、それによって得られた資金を活用する構造に転換していくとう推移をたどるのが一般的で、それ以外は失敗すると述べているつもりです。
ただし日本は相変わらずの製造業中心の貿易立国をさらに推し進めるはずですので、失敗して衰退していくだろうと私は思っています。

投稿: ふくだ | 2011年7月18日 (月) 17時25分

製造業で得られた資本を、他の成長分野へ転用できれば良いとは思いますが、実際問題として、資産デフレによって、いまや余剰資本が存在しないと認識しているのですが、認識は間違っているでしょうか?

また、米国にしても欧州にしても、先進国は成熟期に突入したので、国際競争力のある成長分野へ資本を投下したとしても、緩やかな衰退をするのが必然ではないか、と思っています。

緩やかに衰退していっても、まだまだ後進国よりは豊かなので、成長の必要性があるのかどうか、分からなくなってきています。

投稿: ふくだ | 2011年7月19日 (火) 18時24分

IT産業は、衣料に似ています。
ソフトウェア開発という布地を織るような作業は、労働集約的な作業であり人件費の安い地域でしか成立しなくなりつつあります。
アメリカが成功しているのは、英語という共通の言語を使うことで人件費の安いインドへのアウトソースを行うとともに、
北米という巨大な市場を有しているためとも思えます。

日本のIT産業も同じ漢字文化圏である中国に上手にアウトソースしていければ、もうちょっと戦えるようになるのかもしれませんね。

投稿: Yuki_M | 2011年7月19日 (火) 18時29分

中国に行く漫画は台湾で翻訳されているそうです
中国と日本は漢字圏といっても実は全く違います。

アメリカの公用語は英語なせいで出版業界はインドに仕事を取られて衰退していってると聴きます。
日本の日本語はなかなか覚えにくい言語なのでその分職を奪われずに済んでいるようです。

ただ、韓国の学生の選ぶ外国語で日本語は英語に次いで人気らしいので、凄く怖いんです。

投稿: わわわ | 2011年12月 8日 (木) 03時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.7.17) 精神性胃炎に悩んでいる | トップページ | (23.7.19) 平成の女性は太陽だった  なでしこジャパン ワールド・カップ優勝 »