« (23.7.13) ヨーロッパ経済は火の車 イタリアが火を噴いた | トップページ | (23.7.15) NHK 異端の王 アフリカから来た皇帝 セウェルス »

(23.7.14) 失敗記 私の頭は狂ってしまったのだろか? 健康保険証紛失事件

21_546 

 私が今まで生きてきた中でこれほど魔か不可思議な事件はない。
先日体調が悪くなって医者にかかろうと健康保険証を探したが、不思議なことにどこにもない。
私は通常財布の中に銀行カードと一緒にしまっているので、財布を何回もチェックしたが見当たらない。

 ふと置き忘れる可能性にある場所は決まっているので次にそこをチェックしたがここも見当たらない。
おかしいな、どこかに忘れてきたのではないか????」

 懸命に記憶をたどると最後に医者にかかったのは近くの耳鼻咽喉科であることを思い出した。よく見るとこの耳鼻咽喉科の診察券もない。
そうか診察券がないところを見ると、あの耳鼻咽喉科に置き忘れてきたんだ
さっそく自転車を飛ばして耳鼻咽喉科に行った。
3週間前にここで見てもらった山崎ですが、保険証と診察券を置き忘れてないでしょうか

 窓口ではさっと書類を確認し「私どもでは忘れた保険証があればその日のうちに電話をして取りに来ていただいております。お客様の保険証はありません
確信に満ちた態度だ。
しかし私は疑った。実は数年前にこの耳鼻咽喉科で保険証を返してもらわなかったことがあったからだ。
そのときは窓口の担当者と「返した、返さない」で押し問答して最後にどこからか保険証を担当者が見つけてきた。
また、あの時と同じではないのだろうか????」疑ったが拉致があかない。

 諦めて家に帰り仕方がないので健康保険組合に再発行の依頼をすることにした。
本当はあの耳鼻咽喉科にあるはずなのに、しっかり見つけてくれないから・・・・」ブツブツ。
再発行の手続きをして分かったが再発行のための依頼書に押印するのはともかく、さらに「保険証を取得した第三者が悪意を持って使用して保険組合に損害を与えた場合は弁済をする」と言う念書まで提出しなければならない。そして手数料は1000円だという。
まったく、必ずあの耳鼻咽喉科にあるはずなのに・・・」不満が鬱積した。

 再発行を依頼する前にもう一度耳鼻咽喉科の職員によく調べさせよう。おそらくカルテの間に挟まっているに違いない。
しかし尋常な頼み方では駄目だから調べさせるために若干の嘘も已むおえまい。

 「そちらの病院から電話をいただいて、保険証が残されていたので取りに来ていただきたい」と言われましたと嘘をつくことにした。
出てきた担当者は非常に真面目な人で、本気にしてあれこれ調べまくった結果上司と最終的に打ち合わせをして「本当に私どもからの電話だったのでしょうか?」と聞いてきた。
さすがに、そこまで調べてもらってないのでは仕方ない。諦めた。

 正式な手続きを踏むことにして保険組合へ再発行の依頼をしたが、実はそれ以上に厄介なことがあった。
この保険証を使用して拾った人がサラ金から金を借りる場合が想定され、そのための手続きとして警察と各融資機関に保険証の紛失届けを出さなければならないのだ。
クレジット会社の団体、銀行協会の団体、消費者金融の団体に紛失届けを出して登録をしてもらわなければならない。

 紛失届けはインターネットでダウンロードできるのだが、本人申請の確認のためにパスポートや運転免許証のコピー、警察への届出番号、住民票等の提出がいる。
そして手数料は郵便小為替で1000円だ。
その日は警察に行ったり、区役所に行ったり、郵便局に行ったりして一日仕事になってしまった。
なんでこんなことをしなければならないいんだ」怒りがこみ上げてきた。

 しかしこうして苦労した結果、保険組合から再発行された保険証が送られてきてようやく医者にかかれるようになったのだが、保険証を財布に入れようとして我が目を疑った

 入れようとした場所に前の保険証と耳鼻咽喉科の診察券があったのだ。
嘘だろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が何度も何度もひっくり返して隅の隅まで確認した財布に間違いなく保険証がある。
一体、俺は何を見ていたのだろう。財布の中に最初からあったんじゃないか、耳鼻咽喉科の担当者を疑って2回も調べさせたり、警察や区役所や郵便局にいったり来たりしたのはなんだったんだ・・・・・・・・・・・・・・」愕然とした。

 いまだに信じられない気持ちだ。昔私の近所に年配の女性がいて「○○さんが私の財布を盗んだ」と来た人を必ず疑っていた。
近所では「あの人のうちに行くと泥棒にされるから行ってはいけない」密かにお触れが出たものだ。

 そのときは笑っていたがどうも人事でなくなってきた。私の頭がどうかしてしまい他人を疑いだした。年を取るとこうしたことが日常的に起こるのだろうか。信じられない思いだ。


過去の失敗記は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat8992478/index.html

 

 

|

« (23.7.13) ヨーロッパ経済は火の車 イタリアが火を噴いた | トップページ | (23.7.15) NHK 異端の王 アフリカから来た皇帝 セウェルス »

個人生活 失敗記」カテゴリの記事

コメント

暑中見舞い申し上げます…*_*
こちらの保険証は片面ラミネートのカードサイズなので診療カードと一緒にしてますが注意しなくては…
財布のカード入れは空きがないようにして、定位置も決めておく、でしょうか。
以前、うっかりして胸ポケットに入れて洗濯してしまい、ラミネートフィルムに残った残骸を証拠(?)に再発行してもらったことがあります^_^;

(山崎)今後は特に注意するようにして、人のせいにしないようにします。

投稿: 横田 | 2011年7月14日 (木) 12時24分

我が母にこの話をしたところ,自分も同じことがあった...と.母の場合は30分で見つかったそうですが、最近よく我が家からモノが消えるので、大事なモノには鈴をつけています.

(山崎)私も何か工夫をすることを考えます。

投稿: Twitter姉さん | 2011年7月16日 (土) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.7.13) ヨーロッパ経済は火の車 イタリアが火を噴いた | トップページ | (23.7.15) NHK 異端の王 アフリカから来た皇帝 セウェルス »