« (23.6.4) 四季の道のケヤキとシラカシの剪定について  | トップページ | (23.6.6) 台湾経済の繁栄 どこにも欠点はみあたらない »

(23.6.5) ペテン師由起夫ちゃんの真っ赤な真実

22620_032 

 由起夫ちゃん
が「ペテン師」と騒いでいたものだから、ぼくはすっかり由起夫ちゃんが自分のことを言っているのだと思っていた。
なにしろクラスでは由起夫ちゃんのことを「嘘つきやろう」とみんなが言っていたし、そういわれても仕方がないほど由起夫ちゃんは平気で嘘をつくんだ。

 もうだいぶ前のことになるけれどアメリカからの交換留学生でオバマ君がこの小学校に来たんだ。
由起夫ちゃんはその時級長だったので、オバマ君を学校中案内したんだけれど、オバマ君がふと足を止めて「この花はとても綺麗だけれど1本もらえるかい」と由起夫ちゃんに聞いたんだ。

 それは辺野古草といってとても珍重な草で校長先生が大事に育てていた草だから、ぼくはとてもあげることができないと思ったんだ。
けど由起夫ちゃんは「トラスト・ミー」なんてすごい英語を使って答えたものだからクラスの全員はびっくりして「さすがに級長だ」と尊敬のまなざしで見たんだ。

 ところがその後で校長のナカイマ先生からこっぴどくしかられて、辺野古草は絶対にあげることはできないと言われてしまったんだ。
仕方なく由起夫ちゃんオバマ君に「国外か県外で辺野古草を絶対に見つけるからしばらく待って」なんていうし、「案がある」とまで言っていたものだから、その頃はまだ少し信頼があった由起夫ちゃんをオバマ君は信じて待っていたんだ。

 でも最初から「」など何もなく口先だけだったので、窮地に陥った由起夫ちゃんは「おれ級長を辞める」なんて突然言い出して辞めてしまったんだ。
そして辞めるときに「一度級長をしたものは二度とクラスの級長にならない取り決めにしよう」なんて言っていたんだけど、それも空約束だったんだ。

 由起夫ちゃんはすぐにクラスのいじめっ子の小沢君と仲良くなって、今の級長の菅くんを辞めさせて又二人で級長をしようなんて言い出すものだから、みんなはあきれて「ペテン師由起夫ちゃんの真っ赤な真実」は何だろうなんて噂したんだ。

 じつはぼくの小学校では今とても大変な問題があって、この問題をどうしたらいいかみんな悩んでいるんだ。
問題と言うのは昔谷垣君たちが学校中のグランドに穴をほって「原発遊び」と言うゲームをしていたんだ。

 穴がどこにあるかわからないようにカモフラージュして誰かが穴に落ちれば、「メルトダウン」なんて言ってはしゃいでいだけれど、段々と穴を大きくしたために先日福島君が大きな穴に落ちて大怪我をしてしまった。

 驚いた菅君はすぐにこの穴を塞ごうと提案したんだけれど、谷垣君たちは「遊びがなくなるのはだめだ」なんて反対するから、クラス会でなかなか結論が出せないんだ。
菅くんと谷垣君がけんかしているのを見て、由起夫ちゃんがそれなら菅くんを級長から引き釣り降ろせば又級長になれると思ったらしく「菅降ろし」を始めたんだ。

 でも本当の真っ赤な真実は、菅くんといじめっこの小沢君はとても仲が悪く、そして由起夫ちゃんは小沢君の金魚のウンコなので、小沢君が由起夫ちゃんを使って菅くんをいじめることにしたんだと思う。

 由起夫ちゃんはクラス会で「菅、お前がだらしがないから穴を塞げないんだ、小沢君もそう言ってるぞ、菅、級長を辞めろ!!」なんて言ったんだけど、菅くんは「穴を塞ぎきれば級長を辞めてもいい」と言ってクラス会を乗り切ったんだ。

 でも谷垣君たちが掘った穴は大きくてそしてどこにあるかも分からないから、穴を塞ぐにはどのくらい時間がかかるか分からないんだ。
だから「穴を塞ぐまで」とは何年も級長を辞めないと言うことだけど、由起夫ちゃんはそうは思っていなかったらしいんだ。

 だから今になって菅くんを「ペテン師」なんていっているけれど、ペテン師は由起夫ちゃんの専売特許だし、それに由起夫ちゃんは金魚のウンコだとみんな知っているから、クラスのみんなは由起夫ちゃんの話を誰も聞こうとしないんだ。

東日本大震災と政治関連の記載済みの記事は以下参照http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat43890139/index.html

または鳩山内閣に関する記載済みの記事は以下参照
http://yamazakijirou.cocolog-nifty.com/blog/cat42923318/index.html

 

 

|

« (23.6.4) 四季の道のケヤキとシラカシの剪定について  | トップページ | (23.6.6) 台湾経済の繁栄 どこにも欠点はみあたらない »

評論 日本の政治 菅内閣」カテゴリの記事

コメント

ユキオちゃんはやっぱし宇宙人なんですよ。
もう、自宅のヒヨドリと仲良く暮らして欲しいですね。


私は公然と総理大臣降ろしが行われることに違和感を感じます。
何が不手際が起こったらすぐに総理の責任といいますが総理が変わってすぐによくなりますか?
みんなで協力して行こうとする姿勢が必要ですよね。
誰が菅さんはヒットラーだ、とか言ってましたがとんでもない。
日本の総理は弱すぎます。

投稿: 孝虎@Souyukai | 2011年6月 5日 (日) 05時56分

全員協力を拒んでいるのが今の政権ではないでしょうか。代表選挙の時に、本人は全員野球と公言していたのですが、こっちのほうがよっぽどクチが軽いです。
本気で国民を守る気があれば、住民票はそのままで、SPEEDIを隠蔽した福島県知事の意向を抑えて強制疎開をも早く進めることはできたのでは。今からでも遅くはないのですが。
私もtwitterでreplyされるまで、この視点をうっかり忘れていたのですが。

鳩山氏については「沖縄問題を可視化した」「外務省に隷米役人がいた(wikileaks)ことを明らかにした」という評価もあります。

投稿: 横田 | 2011年6月 5日 (日) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.6.4) 四季の道のケヤキとシラカシの剪定について  | トップページ | (23.6.6) 台湾経済の繁栄 どこにも欠点はみあたらない »