« (23.4.30) 東日本大震災 サバイバル能力の必要性 | トップページ | (23.5.2) 萩往還250km報告 Twitter »

(23.5.1) 明日は萩往還250km 

23429_014  

 明日は萩往還250kmが開催される。
これで4回目の挑戦になるが、過去3回はいづれも失敗している。176km地点に有る宗頭文化センターで寝込んでしまい完走を果していない。
すでに64歳になり、これ以上の挑戦は不可能だろうから最後の挑戦になりそうだ。

 私は過去多くのウルトラマラソンに参加したがどうしても完走できないレースが3つある。
この萩往還250kmと、トランスエゾ1100km、そして富士登山競争だ。

 上記の3つについてはいつも途中で挫折してきた。それぞれレースの内容はまったく違うのだがいづれも壁にぶち当たっている。
萩往還では250km2日間かけて走るのだが、完走のポイントは2日間寝ないことに有る。
寝ないで走り続ければ絶対に完走できるのだが、この宗頭文化センターここで仮眠できる)で寝込んでしまった。
また寝込んじゃった・・・・・・」毎回のパターンになってしまった。

 トランスエゾ1100km2週間かけて北海道を一周するレースで、毎日80km弱走ることになる。このレースでは足の小指にひどい炎症が発生して走れなくなって挫折している。
夏場に2週間も毎日走るためには足の手当てが必要なのだがこれに失敗してしまう。

注)私は足の外側に重心をかけて走る癖があって、小指に負担をかけすぎる。このため小指がひどい水ぶくれになりそのうちに肉が露出して走れなくなってしまう。

 富士登山競争も鬼門だ。このレースは麓の富士吉田市の市役所をスタートするのだが、完走のポイントは5合目まで走りきることだ5合目以降は急勾配になるのでトップ選手以外は歩いている。
私はあごがあがって4合目あたりで歩き出すのでどうしても完走できない。

 萩往還を含め、この3つのレースがなんとも心残りだ。一応世間ではウルトラランナーと言うことになっているが、実際は越えられない壁がある。
これではウルトラランナーと言う評価に傷がつく。
死ぬまでにどうしても完走したいと決心したが、一方で段々と年を取ってきて体力は確実に低下してしまった。

萩往還は今年が最後のレースだ。これを成功させたら後の二つのレースに挑戦しよう。もし失敗したらウルトラマラソンから完全に足を洗おう」そう決心した。

 別にこうしたレースを完走しようがしまいが人生にまったく影響がないのだが、ほとんど男の意地になっている。
何かほれた女にそでにされて意固地になって追いかけている男のようなものだ。

 今回は十分な練習ができているわけではないが、寝ない決心だけはしている。
それとちはら台走友会Twitter姉さんTwitterで応援してくれることになっている。
がんばれ、山ちゃん、寝ちゃだめよ、死んでも走れ」なんて感じだ。

 私の方も今回はTwitterで時々刻々状況をアップして見てもらうことにした。
現在100km地点通過、制限時間に1時間余裕あり」なんて感じになるだろう。

 誰かに見られていると思うと意地でも走らざる得ないので、気持ちを追い込むためだ。この作戦が成功することを祈るが、目的が達成できず本当に死んでしまったら私のブログは萩往還で最後になる。
 

 

|

« (23.4.30) 東日本大震災 サバイバル能力の必要性 | トップページ | (23.5.2) 萩往還250km報告 Twitter »

マラソン ウルトラマラソン」カテゴリの記事

コメント

山さん
ちはら台走友会の新米です。
私もTwitterで応援させてください。
いや、応援なんておこがましいです。
山さんに生きる勇気を頂いてます。
「頑張れ!」なんて言うと、「おまえの
ほうこそ頑張れよ」と言われるそうですね。
とにかくいつも勇気を頂き本当にありがとうございます。
Twitterは@plant1001 お京阪
よろしくお願いします。

(山崎) ありがとう。がんばります。

投稿: 孝虎 お京阪 | 2011年5月 1日 (日) 07時09分

明日からの萩往環250キロ、Twitterから応援メッセージ送りますねぇ。楽しんできてくださぁい♪@myoume121

(山崎)ありがとう。待っています。

投稿: なまけもの | 2011年5月 1日 (日) 11時52分

いよいよですね。
どきどきわくわくでしょうか。
ちはら台から応援しております。
寝ないでくださいね。

(山崎)ありがとう、がんばります。

投稿: 謙 | 2011年5月 1日 (日) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.4.30) 東日本大震災 サバイバル能力の必要性 | トップページ | (23.5.2) 萩往還250km報告 Twitter »