« (23.4.5) 東日本大震災 おゆみ野ふれあい市からのメッセージ | トップページ | (23.4.7) 東日本大震災 裸足の僧侶の心深き読経 »

(23.4.6) 東日本大震災 世界経済のターニングポイント 円安の進行

2344_039

 大震災直後、円が76円に急騰した時は世界があっけに取られたが、ここに来て急激な円安が進み、現在(5日)ドルは84円台になっている。さらにユーロは119円とこちらも大幅な円安で、完全に潮目が変わってきた。

 日本が統計が整備された明治以降最大の大震災に見舞われ、東日本が壊滅的な被害にあい、さらに福島原発事故の収拾に東電がのた打ち回っている現状から、常識的には円売りドル買いユーロ買い)になるのが当然だが、実際はそれほど単純な動きをしない。

 日本の実体経済は悪化の一途をたどっており、特に震災地域の部品工場が壊滅的被害を受けたため自動車産業は操業を一部停止せざるえなくなった。
さらに東京電力の計画停電により生産計画に支障をきたす半導体関連のメーカーもあり、一方で交通網は間引き運転をしており観光地も閑古鳥が鳴いている。

 プロ野球もJリーグも開催を遅らせたり、ナイターを中止することにしており、各地のマラソンレースも軒並み取り止めだ。お花見も自粛でこれでは日本経済が低迷するのは当然といえる。

 だから円安になるかというとそれほど単純ではない。
実体経済が悪いという意味では西欧も日本とどっこいどっこいであり、ポルトガルギリシャの国債格付が軒並み引き下げられており、この2国はECBヨーロッパ中央銀行)やEUの支援なしにはもはや資金調達が不可能な状態になっている。

 さらにヨーロッパにとって最大の課題はリビア問題で、元々リビアの石油産業はイタリア、フランス、オーストリア、スペイン等の外国資本で成り立っており、輸出先ももっぱらヨーロッパだ。
特に最大手の石油会社はイタリアエニだが、このまま戦闘が継続すれば石油関連施設に甚大な被害が発生し、ちょうど日本の福島原発問題と同じようなエネルギー供給問題が発生する。

 今回のリビア問題でなぜ西欧がこれほど空爆等に熱心で、一方アメリカが乗り気でないかの理由は、ここはヨーロッパのシマでアメリカ資本はほとんど投下されていないからだ。

注)アメリカはリビア問題より日本の福島原発の放射能漏れ対策や津波被害の救援に熱心だが、日本経済が崩壊するほうがリビア問題よりアメリカにとって痛手が大きい(日本政府が思い余って米国債を売却し始めたら大変だ)。

 日本と西欧を比較して問題の大きさはどっこいどっこいなのに、なぜユーロ高が進むかといえば、ECBがこの7日の理事会でインフレ抑制のために指標金利を引き上げ金融引締めに転ずる可能性が高いからだ。

 現在世界中にアメリカ、日本、西欧がばら撒いた資金が徘徊しているものの、この資金を運用しているヘッジファンドにとっての最も有効な戦略は、最も安く潤沢にある資金を利用することにある。

 日銀は東日本大震災の復興支援として、3月末で113兆円の資金を市中に供給したが、これは前年同月比対比17%増だ。
震災地にある東日本の金融機関は短期金融市場で資金調達が難しいため、日銀がアンカーとして資金供給を行っており、万が一にも金融機関が倒産しないように支えている。

 しかし実際は震災関連の資金需要はほとんどなく、こうした資金は世界のマーケットに低金利で消えていく
日本はいつまでも低金利でジャブジャブの資金をだす。ユーロやドルは引締めで金利が高くなり資金も細るから日本円を運用するのが一番だ

注)相対的に経済が順調なアメリカは、FRBがこの6月にも金融緩和を取りやめる可能性が高い。

 ヘッジファンドを中心に円を調達し、これをドルやユーロに換えて世界市場で運用し始めた。日本円は世界通貨でないのでドルやユーロにかえないと石油も鉄鉱石も買えない
このとき円を売ってドル買いとユーロ買いが行われるので、当然にドル高、ユーロ高になる(通貨の値段は単純に需要と供給で決まる。円の売り手が多ければ円は下がる

 こうして現在は円安、ドル高、ユーロ高になっているのだが、日本と西欧の関係を見ても分かるように実体経済は同じ様に悪くても金融政策が異なるとそれに応じて通貨の価格は変動する。

 日本だけが金融緩和を継続すれば、リーマンショック以前の状況と同じで、円が120円程度まで売られた時の状態に近くなる。
これは輸出産業には追い風だが、輸入産業と消費者には痛手だ。
果たして潮目は完全に変わったのだろうか。断定するのはまだ早いが各国の金融政策に目が離せなくなってきた。



 

 

|

« (23.4.5) 東日本大震災 おゆみ野ふれあい市からのメッセージ | トップページ | (23.4.7) 東日本大震災 裸足の僧侶の心深き読経 »

災害 東日本大震災 経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.4.5) 東日本大震災 おゆみ野ふれあい市からのメッセージ | トップページ | (23.4.7) 東日本大震災 裸足の僧侶の心深き読経 »