« (23.4.16) 東日本大震災 原発ルネッサンスの終焉 | トップページ | (23.4.18) 東日本大震災 液状化現象 浦安の苦悩 »

(23.4.17) 東日本大震災 IMFのあまりに楽観的な日本経済予想 GDP成長率1.4%

23416_015

 この4月11日にIMFが発表した11年度日本経済の伸び率予想は、当初の1.6%から0.2%引き下げて1.4%になるという。これには驚いた。
この東日本題震災で復旧作業がおくれ福島第一原発の目処も立たない日本経済がまだ成長すると思っているのかい????」と言う驚きだ。

 IMFの日本経済の見方は「東日本大震災による不透明感は強く残るものの、マクロ経済に与える影響は比較的小さいだろう」と言うものだ。
しかしこの見方はあまりに楽観的過ぎるように思われる。

 たしかに今回被害があった東北3県の工業製品出荷額は日本全体の約5%で、数字だけから見たら大きくない。しかしここには世界有数の部品工場があって、特に自動車産業は日本国内だけでなく海外でも生産がストップしてしまった。

 また東北3県の津波や原発事故があまりに大きいため人々の目はそちらに集中しているが、実際は日本最大のコンビナート、鹿島臨海工業地帯茨城県)で壊滅的被害が発生している。

 鹿島コンビナートは鹿島港を中心に鉄鋼、石油化学、発電所等のプラント群が約160社あるが、その中でも住友金属工業、三菱化学、旭硝子、信越化学工業、クラレ、カネカ、花王、東京電力といった日本を代表する製造業の設備や共通インフラに大きなダメージを受けている。
各企業とも徐々に生産は回復してきているものの、そもそも港湾を中心とするインフラが崩壊しており生産しても出荷が思うようにできない。

 このような状況が続いているのにどうして日本経済のGDPが成長するといえるのだろうか。
元々日本経済は震災前から少子高齢化に伴う消費の低迷が続いており、GDPの約6割を占める消費に展望がまったく持てなかった。
さらに今回の大震災で旅行や宴会の自粛が続き旅行業界や飲食店は青息吐息だ。

 また輸出環境も地震と津波と原発事故の影響で東北地方を中心に低迷し、さらに日本製品についての風評被害で工業製品でさえ放射能検査の証明書の発行を求められている。
どう見ても輸出の低迷は免れない。そして輸入は原油を中心に増加しそうだ。

注)GDPにカウントされる輸出は純輸出でこれは輸出額から輸入額を差し引いた数字。

 企業の設備投資はかなり前から日本を諦めてヴェトナム、インドネシア、インド等に向かっており国内投資をする企業は奇特な企業とみなされている。
結局GDPの押上げを期待されているのは政府による復興特需だけだが、これはこれで資金調達問題でおお揉めだ。
すでに日本の財政は世界で最悪の財政状況になっており、一般会計予算の約半分を赤字国債で調達している。

 日本政府がなお赤字国債を発行できるのは世界経済の奇跡といえるが、からくりは財務省と日銀が金融機関に国債の割り当てを強制的に行って消化しているからだ。
金融機関としては利回りが1%を少しだけ上回るような国債など持ちたくもないが、もし当局の意向を無視すると、「てめえら、日本で商売したいなら逆らったらどうなるか分かるな、おい!!」なんて脅かされるので逆らうこともできない。

注)実際は金融庁の検査や日銀考査で長期間グダグダといびられて業務ができなくなる。

 しかしこのからくりも民間の金融機関に預金がある間だけで、1400兆円の個人預金もすでに1000兆円が公債消化に当てられている。
後がないのだ。
この状態で無理やりに国債消化をしようとすると、金融機関が購入できない分、最後は日銀に頼み込むより他に手がなくなってくる。
このさいだ、日銀券を印刷してばら撒」ということになって、これは日本の叩き売りになる。

注)第2次世界大戦の戦時国債は最後はこの方法で調達された。

 だから復興特需と言っても資金調達面に限界があるため、思うような経済の底上げはできない。最低限のインフラ整備と仮設住宅の建設、そして福島原発の処理あたりが実際にできることのすべてだろう。

 消費はだめ、輸出もだめ、設備投資もだめ、政府支出も限界がある中でどうしてGDPが増加するのだろうか。IMFの予想は不思議なほど楽観的過ぎるように思われ、11年度は実際はマイナス成長だと私は思っている。 

|

« (23.4.16) 東日本大震災 原発ルネッサンスの終焉 | トップページ | (23.4.18) 東日本大震災 液状化現象 浦安の苦悩 »

評論 日本の経済 経済成長」カテゴリの記事

コメント

毎日 読みに来ているのですが、コメントするのは始めてです。
はじめまして、てつ と申します

政策側は、いつも現実より楽観的な発言をするものでしょう
悪くなる時に「今後どんどん悪くなるぞ~」って発言する政策サイドの人間がいたとしたらそれは仕事を放棄するに等しいのですから。

お人柄が伺われる内容で 隣に住んでいるおっちゃんのような感覚でブログ毎日楽しみにしております。

(山崎)始めまして。読者になっていただいてとても嬉しいです。

投稿: てつ | 2011年4月17日 (日) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.4.16) 東日本大震災 原発ルネッサンスの終焉 | トップページ | (23.4.18) 東日本大震災 液状化現象 浦安の苦悩 »