« (23.4.13) 萩往還250kmは開催される | トップページ | (23.4.15) 東日本大震災 新たな差別 福島原発難民 »

(23.4.14) 千葉明徳学園の努力 がんばれ明徳

23413_015

 私の住んでいるおゆみ野の街の、京成学園前駅の線路を挟んだ向う側に千葉明徳学園がある。短大・高校・中学・幼稚園を併設しておりおゆみ野から蘇我方面に延びている4斜線の大通りから良くこの学校のグランドが見える。

 私はここ千葉県の高校の事情についてはほとんど知らない。私自身は東京の出身で千葉とは無縁だし、勤めてからは全国を歩き回りほぼ20年前にこの千葉のおゆみ野に越してきたのだが、そのときは学校とは一切無縁な立場になっていた。

 だからこの京成電鉄を挟んだ向こう側の高台に明徳学園があることは知っていたが、そこにどうやらスポーツが盛んな高校があるらしいと言うくらいの感度だった。

 この明徳学園と最近急に親密になってきたのは、おゆみ野の森の活動に明徳短大の生徒が参加してくれたり、四季の道駅伝のサポート要員として明徳高校野球部員が参加してくれる様になってきたからである。

 明徳短大は幼稚園の先生を養成している短大で、おゆみ野の森に参加してくれた短大生はとても明るい子供好きの学生だった。
また明徳高校の野球部員はスポーツ部員特有の礼儀正しい学生でありとても好感が持てた。

 さらに私は明徳学園の事務長たぶん)のMさんとヒョンなことから親しくなった。Mさんは通勤に四季の道を通って学園に通っているのだが、春の道公園のベンチで必ずタバコを一服してから学園に向かう癖がある。
実は私もこの場所で小太郎姉さんの愛犬、小太郎に餌をやる習慣があるのでほぼ毎日のように顔をあわせることになった。

山崎さん、学園のサクラも綺麗ですから見に来ませんかMさんに誘われた。
先日(12日)喜んでこの明徳学園を訪問してみた。Mさんが学園を案内してくれたのだが、意外なことに表敬で挨拶をした理事長の福中さんとは四季の道でときどき顔をあわせる知り合いだった。
私は四季の道ではだれかれとなく気安く挨拶しているので顔見知りが多い。

 福中さんも途中から私を案内してくださったのだが、福中さんは学園の土手の笹を自ら刈りとっており、太陽光線をいっぱいに浴びて金ラン銀ランが春先に出てくるのをことの他喜ばれていた。
草刈機で駆ると先がとがって幼稚園生がいて危ないので、私が刈りバサミで切っているのですよ。今年は40株程度金ランや銀ランがでそうです

 学園のサクラやケヤキも良く手入れがされており、Mさんによると理事長の福中さんから「枝の剪定一つ一つ注意深い指示がある」のだという。
特に樹木については、気にしてそれを保護しようと言う人がいないとたちまちのうちに荒れてしまうから、この学園の植栽の美しさは理事長の努力の賜物と言うことになる。

 私もおゆみ野の森で草刈をしたり、四季の道ケヤキの剪定で自称樹木医をしているから、福中さんと私は同好の士だ。

23413_013

 帰りがけにMさんから学園の高等学校中学校のパンフレットをいただいたので読んでみたが、私の今までの印象とまったく異なっているのには驚いた。
私は明徳高校はスポーツ中心の勉強についてはあまり考慮をしない学校だと思っていた。
しかしそれはまったくの誤解なのだ。

 高等学校は4つのクラス分けになっており、特別進学コースと言うクラスでは徹底的な補修授業が行われ、国内の有名大学への進学が着々と成果を挙げていた。
Mさんによると「ここ数年若い指導意欲の有る先生を集めて大学進学の実績を上げているのです」と言うことのようだった。

 またスポーツ科学コースでは野球、サッカー、チアリーディングの活躍が目立っており、野球は甲子園を狙える所まで行っており、またチアリーディングの世界では高校でも屈指の位置に有ると言う。
勉強もスポーツもか、いやー、なかなかやるじゃないか」感心した。

 このことを清掃仲間の小太郎姉さんに話したら「今は少子化が進んで、単に県立高校を落ちた生徒を集めるような消極的な経営では経営が成り立たないの。
積極的に優秀な生徒を集めて大学受験で好成績を残したり、スポーツで全国レベルにならないと難しいの。先生も成績が悪いと首を切られるし、明徳高校も一生懸命なのよ
」と教えてくれた。

 こうした私立の生き残りをかけた懸命な努力がなされている様を始めて知った。
そうか、私立高校はこうして懸命に努力しているんだ

 明徳高校は今は進学校とは言いがたいが、努力の成果は着実に出ており近い将来にかなりな地位を占めることができそうな予感がする。
株で言えば成長株だ。
理事長さんとも事務長さんとも友達だし、おゆみ野の住民としておおいに明徳高校を応援して行く気持ちになってしまった。

 

 

 

 

 

|

« (23.4.13) 萩往還250kmは開催される | トップページ | (23.4.15) 東日本大震災 新たな差別 福島原発難民 »

個人生活 学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.4.13) 萩往還250kmは開催される | トップページ | (23.4.15) 東日本大震災 新たな差別 福島原発難民 »