« (23.4.12) 東日本大震災 浦安市長と県選挙管理委員会の泥仕合 | トップページ | (23.4.14) 千葉明徳学園の努力 がんばれ明徳 »

(23.4.13) 萩往還250kmは開催される

2344_076   

 この東日本大震災が起こってから後のマラソン大会はことごとく中止になっていた。毎年参加している佐倉マラソン霞ヶ浦マラソンも中止になり、また千葉県一周房総マラソンも中止になり、「こりゃ、萩往還も中止かな」と思っていたところに参加案内が届いた。
いやー、萩往還は競技を実施するんだ」少し意外な気がした。

 しかし考えてみれば萩往還は山口県での開催だから、東日本大震災も福島原発事故も無関係だし、日本中が謹慎していては東北のお酒を飲む人がいなくなってさらに東北の経済が疲弊してしまう。

 だから開催そのものはとてもうれしかったが、問題はこの競技に備えての練習を十分にすることができなかったことに有る。
3月11日以来、すっかり地震と津波と原発事故と母親の看病に身も心もとらわれてしまい、練習どころではなくなっていた。

 萩往還3連覇のスポーツドクター小野木先生によると、「3月中に500km程度の走り込みが必要だ」と言う。ところがこの間私は200km程度しか走っていない。
まずかったな、萩往還も中止になると思ってすっかりだれてしまった」後悔したが後の祭りだ。

 この競技は山口県の山口市をスタートしてほぼ時計回りに日本海まででて、最後に萩と山口を結ぶ古道「萩往還道」を通ってふたたび山口市に戻る競技である。
競技は連休中に開催され、距離は250km、制限時間はちょうど2日間である

 この種の競技に参加したことのない人はまったく競技のイメージがわかないと思うが、走る速度は決して早くない。平均時速5.2kmで走れば48時間で到着する。5.2kmなんて歩く早さより少し早い程度だ。

 しかし問題は2日間、休むことなく走るか歩くかしていないとゴールに到着できないことで、これがかなり難しい。途中の170km程度の場所に宗頭文化センターと言う所があり、ここで仮眠が取れるようになっている。
完走できる人とそうでない人との差はここでつき、完走者は1時間から2時間程度の休息で再び走り出す。
一方リタイアする人はここで4~5時間程度の休息を取っているうちにすっかり気力がなえてしまう。
もう、こんな馬鹿げたことをするのは止めよう。第一身体を痛めて走ることに何の意味があるのだろうか」やめる理由はたちどころに浮かぶ。

 実は私は過去3回もこの萩往還250kmに挑戦し、この宗頭で寝込んでリタイアしている。
完走するには寝ることなくただひたすら身体を動かし続けることが必要だ。
今度こそは、絶対に絶対に何があっても2日間寝ないぞ!!!」心に言い聞かせている。

 先日長距離走を私が好んで走ることについて、おゆみ野の森の仲間のジュンジュン姉さんが「何でそんな無理な(馬鹿げた)ことをするのですか」と聞いてきた。
そのときは笑って答えなかったが、「たぶん男を上げるため」だと思う。

 65歳にもなる人間が「男を上げるために走る」なんて滑稽だが、それ以外の理由が見つからない。
山崎さんはいつまでたっても男ですね。男の中の男だ」そういわれるのがなんとも嬉しい。

 三浦雄一郎氏間寛平氏高倉健氏の気持ちと同じで、「俺はまだ男だ」と思えるときが生きている証なのだ。

|

« (23.4.12) 東日本大震災 浦安市長と県選挙管理委員会の泥仕合 | トップページ | (23.4.14) 千葉明徳学園の努力 がんばれ明徳 »

マラソン ウルトラマラソン」カテゴリの記事

コメント

ちはら台走友会でお世話になってます。

かっこいいです。感激しました‼

小野木先生ってすごいんですね。
小野木先生の娘さんがわたしの娘と同じクラスだったことがあります。

投稿: 孝虎 | 2011年4月13日 (水) 17時17分

大丈夫です。
私は3月148kmで完踏できました。
1月は158km、2月190km、4月205km。
結局は気持ちです。
しつこいですが、寝ないことですよ!負けるな山崎さん!

(山崎)ありがとう。謙会長

投稿: 謙 | 2011年4月13日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.4.12) 東日本大震災 浦安市長と県選挙管理委員会の泥仕合 | トップページ | (23.4.14) 千葉明徳学園の努力 がんばれ明徳 »