« (23.3.26) 東北関東大震災 震災弱者について | トップページ | (23.3.28) 東日本大震災 街が消える時 »

(23.3.27) 東日本大震災 佐倉朝日健康マラソン実行委員会の奇妙な対応

22317_0321 

 今回の東北関東大震災福島原発事故を受けて予定されていたマラソンレースが次々に中止となっている。
大震災の復興で大変な時にマラソンなんてしている場合じゃないだろう」という気持ちと、「実際に福島原発で大惨事が発生し、マラソンの途中で中止するなんてことになったら大変だ」というリスク管理の立場からの中止だ。

 個人的にはこうしたレースを目標にトレーニングをしてきていたので残念な気持ちがあるが、大会主催者が開催を取りやめた理由も十分理解できるので止む終えない措置だと思っている。

 しかし大会を中止した後の措置について大会事務局ごとにまったく異なるのには驚いた。
私が感心しているのは4月17日開催予定だった「かすみがうらマラソン大会」の実行委員会で、「必要経費を除いた参加料を義援金として被災地に届ける」といってきたことだ。

 かすみがうらマラソン茨城県で開催される人気のマラソン大会で、参加予定人員は約2万5千名マンモス大会だ。
フルマラソンだけでも18000名の参加が予定され、参加料は5000円だからこれだけでも9千万円の参加料になる。
その他のレースを含めると1億円を上回る参加料を集めたことになる。

 マラソン大会の費用は事前に必要な費用当日と事後に必要な費用に分かれる。
事前費用としては案内関連事務費特にパンフレット)、参加賞通常はTシャツ)の手配があり、当日の費用としては大会ボランティアの手配、計測用チップの手配、エイドステーションの食料と飲み物の手配、コースを指し示す三角コーンの手配等がある。

 大会ボランティアは実に多くの人が必要で、本部役員、当日の受付、コース管理者、エイド担当、荷物預かり等大人数だ。
したがって大会経費の半分以上は当日の経費関連で使用されるので、大会が中止となればこうした経費が不要になる。
かすみがうらマラソンの実行委員会はこの不要になった経費おそらく5千万円以上)を震災地に義援金として送るというのだから、実に立派な態度だと感心してしまった。

 一方でなんとも不思議な対応をしているのが、3月27日に開催予定だった「佐倉朝日健康マラソン実行委員会の対応である。
こちらは3月15日付けで、
参加料は大会運営費等に支出していることから返金できません
納品される予定だったポカリスェット、バナナ、パン等は被災地に優先的に納品していただけるようにお願いいたしました」と言うのだ。

 一瞬「佐倉朝日健康マラソンの事務局は経費をネコババしようとしている」と思ってしまった。
佐倉朝日健康マラソンは千葉県では著名なマラソン大会で、約1万名のランナーが参加する。参加費用はフルマラソンで4000円、フルマラソンの参加人員は7000名程度だから参加費用合計は28百万円、他のレースを加えると3千万円は徴収しているはずだ。

 かすみがうらマラソンの例を見ても分かるように、中止になった大会で「参加料は大会運営費等に(全額)支出している」ことはありえない。
また「(食料)を被災地に優先的に納品してほしい」と頼んでもそうなる保障はない。

 なにか佐倉朝日健康マラソンの事務局は大会中止をいいことに大会費用をネコババするとんでもない実行委員会だと思って公式サイトを覗いてみた。
すると3月19日付けで、
現在・・・・・運営経費の精算を行っておりまして、今後、この精算が終わりますと、マラソン大会の実行委員会に諮り、皆さまからのご意見を参考とさせていただきながら、被災地への支援も含めた今後の対応を決定していく予定でおります」と記載してあった。

 とても不思議な気持ちがした。参加者に対しては3月15日付けの連絡どおりの内容ではがきが送られてきたのだが、その時なぜ義援金として使用すると明記しなかったのだろうか。
反対に「参加料は大会運営費等に支出していることから返金できません」と言っているのに、その数日後には「被災地への復興支援を願う温かいご意見を多数いただいている」ので義援金を送ることを検討すると言っている。

 どう見てもこれはおかしい。当初はネコババを決め込む予定が、ランナーからの抗議が殺到したため急遽義援金を送ることにしたとしか思われない。
私のこの推定がげすのかんぐりであることを望むが、佐倉朝日健康マラソンの事務局はそう思われても仕方ないような対応をしている。


佐倉朝日健康マラソンの公式サイトは以下の通り
http://sakuraasahi.jp/

 

 

 

|

« (23.3.26) 東北関東大震災 震災弱者について | トップページ | (23.3.28) 東日本大震災 街が消える時 »

災害 東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

大会主催者はリスクを負う責任があります。
つまり、中止による負担は主催者が行い、参加者が負担するものではありません。
義援金は各々が既に自主的に行っているものですので、義援と参加料の返金は関係ありません。
大会が震災を理由に、赤字回避しているだけです。
これは主張しなければならないと思います。

投稿: 印西の参加者 | 2011年3月27日 (日) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.3.26) 東北関東大震災 震災弱者について | トップページ | (23.3.28) 東日本大震災 街が消える時 »