« (23.3.12) アメリカ版振り込め詐欺は日本のコピー | トップページ | (23.3.13) 日本も我が家も大地震 »

(23.3.12) 三陸沖・太平洋巨大地震 M8.8

 人生長い間生きていると何が起こるか分からないものだ。信じられないような経験をするとはこのことで観測史上最大のM8.8巨大地震に遭遇してしまった。

 もっとも私がいたのは実家のある八王子市で、たまたま浅川の土手をJOGしているときだった。
体が左右に揺れだして制御がきかなくなったので何とかまっすぐに走ろうとしたのに走ることができない。

しまった、とうとう脳梗塞か脳血栓になって頭がおかしくなってしまった。私がまともな意識を持っているのもこれが最後か・・・・・」なんて気持ちになって地面に座り込んだが、その時揺れているのは自分でなく地面だということに初めて気がついた。

 なんとも長い揺れで3分近く揺れていたが、ちょうどヨットで舟酔いしたのと同じような気分になった。普段地面は動かないものと思っているが実際は海面と同じように波打つものだ。

 この揺れは3分程度で収まったのでいつものようにJOGをして実家に帰ってテレビを見て驚愕した。
10mを超える津波が三陸海岸に押し寄せ、家も自動車もその他あらゆるものを津波が押し流している。

これじゃ,家にいた人や自動車の中にいた人はみんな死んでしまう・・・・
報道では死者と行方不明者を合わせて
1000人にのぼると言っているが、どう見ても死者の数はそれ以上に上るだろう。

私の千葉の家でも「本箱の本が散乱している」とかみさんが電話してきた。
関東大震災が起こることを恐れていたが、三陸沖のプレートの方が最初に崩壊してしまった。
距離にして400km、ずれは4m程度だという。
原子力発電所から放射能が漏れる可能性があると菅総理がヘリで飛び立っていった。

 日本は災害王国で、こうした場合の対応はニュージーランドのような災害小国の国より慣れてはいるが、こうした時こそ菅総理に頑張ってもらいたいと思う。

 

|

« (23.3.12) アメリカ版振り込め詐欺は日本のコピー | トップページ | (23.3.13) 日本も我が家も大地震 »

災害 東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

菅首相は理科系なので、こーゆー時には強いかもしれません。頑張っていただきたいものです。
国会を止めろなどと、どこかの阿呆が言っているようです。
ところで、新ブログでは「残りの人生を捧げよう」となっていますね。今、気がつきました。

投稿: バイオマスおやじ | 2011年3月12日 (土) 22時15分

節電の呼び掛け:
茨城などにある発電所も停止している関係で、発電量が厳しい状況とのことです。
12日夕方はtwitterの呼び掛けもあり、ピークになる18~20時の消費が抑えられた分、13日の輪番停電は免れているとの報道があります。ただし週明けは不明。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1103/12/news021.html
東電などの呼び掛けに注目しながら、調理時刻をずらしてみてください。

投稿: 横田 | 2011年3月13日 (日) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.3.12) アメリカ版振り込め詐欺は日本のコピー | トップページ | (23.3.13) 日本も我が家も大地震 »