« (23.3.12) 三陸沖・太平洋巨大地震 M8.8 | トップページ | (23.3.14) 東北・関東大震災 日本人の心神喪失と人生観の変化 »

(23.3.13) 日本も我が家も大地震

2333_029

 日本を襲った大地震には心底驚いたが、実は我が家でも激震が走っていたのだ。先日(9日)かかってきた緊急電話には驚いた。
妹が心筋梗塞で東海大学病院に入院し緊急手術を受けたというのだ。
妹は62歳で確かに太ってはいたが心筋梗塞を起こすような年齢ではない。

 あわてふためいて八王子の東海大学病院に飛んで行った。
妹は横浜に住んでいるのだが、母親の看病のために八王子の実家に泊まり込んでいる。
母親は89歳で昨年の12月に肺に癌が見つかって約3ヵ月間入院していたのだが、病状に変化がないとの理由で1週間前自宅療養になった。
その母親を妹が泊まり込みで看護していた。

 当初は心筋梗塞になったのは母親のほうだと思ったが、妹と聞いて心底びっくりしてしまった。
幸いに妹は心筋梗塞になって病院に担ぎ込まれたのが4時間以内だったため、心臓動脈にカテーテルを差し込んで動脈を拡張し詰まっていた動脈に血液が再び通るようになり事なきを得た。

 主治医が手術中の映像を家族に見せ、手術結果の説明をしてくれたが、詰まっていた血管に再び血液が入り込んだ瞬間の映像には感動してしまった。
すごい、これで妹は助かったんだ」近代医術のすごさを見せつけられてしまった。

 妹のほうはこうして事なきを得たのだが、問題は母親の面倒を誰が見るかという段になって、はたと当惑した。
私の兄弟は3人で私、妹、弟である。弟と相談して私と弟が交互に面倒をみることになり、私が9日から泊まり込んでいる。
しかしこれがなかなかタフな仕事なのだ。

 母親は要介護1の認定を受けていて、介護士が週2回は訪問看護をしてくれる。だから私の役割はもっぱら毎日の食事作りなのだが、母親の唯一の楽しみは食べることで「わたしゃ、海のものが好きでさしみなんかいいねえ」なんていうので、もっぱら買い出しに近くのダイエーまで行くことになった。

 食欲は旺盛なんていうものでなく私以上に3度の食事を食べる.。コメとみそ汁は必須で、ウニのつくだ煮とワタミから取っているおかず、それと私が用意する刺身やそばや茶わん蒸しやイチゴをぺろりと平らげる。
母さん本当に癌なのかい????」こんな元気な患者は初めてだ。

 自分で室内なら歩くことができ、食事の支度もできそうだが「わたしゃ、大根の皮をむくのも息が切れてとてもできないよ・・・」なんていうのですべて私ががするようにしているのだが、実に口うるさいのだ。

手は洗ったかい、みそ汁を作るんだよ。ご飯がないじゃないか。ワタミの箱はよく洗って返さなきゃ、汚いね。イチゴを水洗いしてないじゃないか。茶わん蒸しをなぜ温めないの・・・・・・・・・

 母親は心に思ったことをそのまま口に出す性格で、これは私が子供のころからそうだった。
今でも覚えているのだが、私が小学生の5年か6年の頃、母親は私の顔をつくずく見ていったものだ。
お前の顔はなんて不細工なんだろうね・・・・・
以来これがトラウマになって若い時分は女性にまともに声をかけられなくなった。

母ちゃん、俺はすでに64歳で、社会人も立派に務めてきた老人だよ。小学生みたいな言い方を止めてくれないか」そう言いたいのだが、何しろ相手が癌患者だと思っているのでじっと耐えている。

 弟と一致した認識は「どうも妹が心筋梗塞になったのはこの母親の口うるささに1週間余りつきあったからではないか」ということだ。
母親は子供に対してはいくら命令してもよいとの固い信念を持っているので、顔を合わせていると何か命令されてしまう。

一番最初に○○病院に行って、それから○○薬局で薬をもらってきて、○○信金で金を下ろしてくるんだよ。ちゃんと受け取り書は持ったかい。そんなとこに入れたら危ないじゃないか。外から帰ったら庭に置いてある本箱を壊してゴミとして出せるようにして頂戴。最初は病院、本箱は後だよ・・・

 日本も私も激震に襲われ、今度は私が心筋梗塞になりそうだ。

 

 

|

« (23.3.12) 三陸沖・太平洋巨大地震 M8.8 | トップページ | (23.3.14) 東北・関東大震災 日本人の心神喪失と人生観の変化 »

個人生活 家族」カテゴリの記事

コメント

<自分で室内なら歩くことができ、食事の支度もできそうだが「わたしゃ、大根の皮をむくのも息が切れてとてもできないよ・・・」なんていうのですべて私ががするようにしているのだが、実に口うるさいのだ。>

お母様は、よく言えば子どもたちに甘えているのでしょう。悪く言えば、老人特有の親切に何でもしてくれることに味をしめて自分でできることまで人にやらせようということなんでようか。

うちの父は82歳で2年前に心臓手術をしました。いま、姉と住んでいるのですが、手術後、父はからだが痛いのであれができないとかこれがしたいとかわがままを言っていました。ある日、父があまりにわがままを言うので姉が父に言ったそうです。あんまりわがままを言うと以後、何もしないからいいわねと言ったそうです。
それ以来、あまりわがままを言わなくなったそうです。

私が思うに、あまりにわがままを言うようでしたら、親子ですので、ガツンと言った方がいいと思います。

ちなみに、うちの父も口は達者です。よく似ています。

(山崎)御忠告ありがとうございました。

投稿: Sadao | 2011年3月13日 (日) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (23.3.12) 三陸沖・太平洋巨大地震 M8.8 | トップページ | (23.3.14) 東北・関東大震災 日本人の心神喪失と人生観の変化 »