(29.3.30) 28年度の千葉市へのプレゼントは136万円。 29年度のカンパの依頼を行っています。

Dscf7376

  おゆみ野クリーンクラブ
の活動については日ごろから地区の皆様の支援を得て、28年度28年4月から29年3月)の活動を行いました。

 26年度から始めたベンチ補修事業カーペンター・オクさんと小太郎姐さんとワンさんと私の4名がメンバーとなって実施をした結果、大百池公園17基のベンチの補修が実施できました。
業者に頼むと1基あたり8万円程度かかるそうですので、回の市へのプレゼントは136万円相当になります。

 またいつものように春の道から夏の道にかけてのベンチのペンキ塗りも行っております。
また四季の道の清掃活動はほぼ毎日行っております。

 今回28年度の活動実績報告、28年度カンパおよび 使用状況、および29年度の活動方針について報告をさせてもらいたいと思います。

 
(1) 28年度活動実施報告


① 清掃活動(四季の道6kmおよびその周辺の公園7か所)


  雨の日等でどうしても実施できなかった日を除いて毎日実施しています。当初は自転車で実施していましたが今は通常に歩けるようになったため徒歩で実施しています。

② 塗装活動(四季の道および公園のベンチ およそ50か所)

 10回程度   防腐剤の塗布を上記の古いベンチに塗布いたしました。特にお花見のシーズン前のベンチの塗装を今回も実施しております。


③ ベンチの補修作業  17基
 
 大百池(おうどいけ)公園のベンチの補修が完了しました。今大百池に行きますと実に美しく整備されたベンチを見ることができます。


 現地での作業を行う前に材木の製材や塗装をすべておえて、現地では取り付け作業だけを実施しました。

(2) カンパ状況および使用状況

 このブログでカンパを依頼したところ35名の方から163、000円のカンパを支援していただきました。厚くお礼をもうしあげます。このカンパを利用して以下の木材、防腐剤および燃料、作業用具の購入等をしております。

・前期繰越   84、600円
・収入総額  163,000円

 

・支出総額  213,378円 
・後期繰越    34,222円

支出内訳
:木材等           146,808円
:防腐剤            23,084円       
:作業服等その他備品   43,486円 
      
        

(3) 28年度活動計画(通常作業)

① 清掃活動(四季の道、おゆみ野道、中の道、およびその周辺の公園) 100回程度
② 防腐剤塗装活動(四季の道、おゆみ野道、中の道、およびその周辺の公園) 10回程度   毎年防腐剤を塗布しないとはがれてしまうので今年も実施したします。

(4) ベンチ補修作業

① 27年度は大百池公園のベンチ17基の補修を終了しました。
  28年度は10基程度ベンチの補修をいたします。

② クリーンクラブでは1基1万円で作業を行いますが、業者に頼む場合は約8万円支払うとのことですのでクリーンクラブが行うと7万円ほど安上がりに実施できることになります

注)なお29年度もベンチの補修作業を行うことになった経緯は以下参照。
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/pppp-1.html


「カンパの依頼 」

 市民の財産は市民が守る運動の一環として昨年に引き続き一人当たり3000円のカンパをお願いできないでしょうか。カンパは塗料、ベンチ補修用資材に使用いたします。

  29年度のカンパ目標を10万円とし、ベンチの補修目標を10基にいたします。

 賛同していただける方は以下の口座に送金いただければ幸いです。なお送金していただいた場合は同時にこのブログのメール機能を使ってその旨連絡いただけると幸いです(お礼のメールを出したいため)。

・千葉銀行 鎌取支店(092) ・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3743511)
・郵貯銀行 店名 058 (ゼロゴハチ)・おゆみ野クリーンクラブ 普通預金口座(3695852)

なお、おゆみ野クリーンクラブの活動状況については以下にまとめてあります。 http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/cat45485858/index.html

| | コメント (0)

(29.3.29) 大変だ、親方が転勤になった!! ベンチの補修作業ができない・・・・・

Dscf7087 

 大ピンチになってきた。3年にわたって実施してきたおゆみ野周辺の公園のベンチの補修作業に赤ランプがともったのだ。
この作業は親方のカーペンター・オクさんと徒弟の私、それに手伝いの小太郎姐さんや最近参加をし始めたワンさんの4人で実施してきたのだが、親方のオクさんが岩手県に転勤になってしまった。

 オクさんはある著名な企業の管理職なのだが何よりも大工仕事が好きでできれば大工になりたかったというほどの人なのだ。
おゆみ野の森のベンチや遊具を片端から作っていたが、3年前から私とコンビを組んで公園のベンチの補修作業に乗り出していた。
ここおゆみ野のベンチは30年ほど前に設置されたままほとんど補修が行き届かなかったため、崩壊の寸前になっていたものを二人で救おうと決心したのだ。

 実をいうとそれ以前から私は一人でもベンチの補修をしたかったのだが、何しろ私は手作業がまったくだめで、仕事ではパソコン程度の器具は扱うがそれ以上の重い器具を持ったことのない純粋のサラリーマン生活を40年近くしていた。
頭を動かすことだけはできるが息子からは「親父はいろいろな国家資格を持っているのに実際の作業には何の役にも立たないのだな」などと馬鹿にされるが実際その通りなのだ。

 だから親方のオクさんが転勤になると徒弟の私だけではとてもベンチの補修作業ができない。
親方、親方が遠方に行ってしまえばこの補修プロジェクトは中止するより仕方ないですね
ところが信じられないことに親方の意見は違っていた。
次郎、俺は夏休みにはまとめて休みが取れるからその時に帰ってくるので、ベンチの補修をやろう。事前作業をしておけ
でも、でも、私は自動車を持っていないから事前の木材のデリバリーの用意ができませんよ
今度徒弟になったワンさんが自動車を持っているだろう。あれを使え!!」

 親方は幸田露伴が書いた五重塔の十兵衛のような人で、大工仕事となると妥協を許さない。私など70歳になっても徒弟扱いをされている。
次郎、お前は大工仕事は二流だが金集めの才能はある。資材の材料費をカンパで集めてこい
親方、私は最近目が見えず、耳も聞こえず、まともに歩くこともできないのでこれ以上ベンチの補修作業を行うのは不可能になっていますが・・・・・」
うるせい、ブログをまだ書けるんだから目だって見えるんだろう。耳なんぞなくてもベンチは作れる。つべこべ言わずカンパを集めてこい

 親方とは17年度作業として大百池公園のベンチ17基の補修を行ったが18年もまだするつもりの様だ。
親方、毎年毎年100万円程度の補修をして千葉市にプレゼントしてますが、市からは何の感謝もされていねいんですから、もうそろそろ足を洗ったほうがいいんじゃねえスカ
次郎、そんなこっちゃお天道さまに示しがつかねい。生きている限り恥ずかしくないいき方をするのが大工の使命だ
親方、あっしは元銀行員で大工じゃねいんですが
次郎、俺の徒弟になった以上は甘えは許さねい。つべこべ言うとぶっ飛ばすぞ

 そんな訳で18年度も引き続きベンチの補修作業を継続することになった。そのための資金集めをしなければならない。
オクさんの徒弟になったばかりにひどい試練が続いている。

 

 

| | コメント (0)

(29.3.28) 稀勢の里の優勝は喜ばしいが・・・ このままでは怪我人だらけになる!!

Dscf6127

 私は小学生のころからの相撲ファンでしかも今は引退の身だから4時ごろから毎日相撲放送を見ているが、先日(26日)の千秋楽の優勝決定戦は目を見張ってしまった。
横綱稀勢の里は13日目の日馬富士との対戦で土俵下に転落し左肩を酷く痛めていた。翌日の鶴竜との対戦はなすすべなく土俵を割ったので「稀勢の里のけがは相当ひどいな、これでは千秋楽の照ノ富士戦も全く相撲にならないだろう」と思っていた。

 左肩患部のサポーターも痛々しくとても見るに堪えなかったので千秋楽本割の相撲が始まってもテレビから顔を背けていた。
無残な負け方を見るのは忍びない・・・・・・・
然し信じられないことに劣勢の体勢から残った右腕一本で照ノ富士を投げ飛ばしたので驚いた。
だが、ここまでだろう。いたんだ左肩で二番も取ったらそれこそ体が壊れてしまう。本当はあっさり負けておいたほうがよかったのではないか・・・・・・・・
勝ったことがとても信じられなかったのでさらに優勝決定戦で勝つとは思われなかった。

 今度はまじめに見ることにしたがすぐさま照ノ富士に押し込まれもろ差しまで許したので思わず目を背けた。しかし奇跡のように稀勢の里は右腕一本で小手投げを決めて優勝してしまった。
かつて貴乃花が足の負傷を押して優勝を果たし痛さのため鬼のような形相になっていたがそれを思い出した。

 稀勢の里が二場所続けて優勝したことは実に誇らしいが、一方で今回の負傷を押した出場で力士寿命を縮めてしまったのではないかと気がかりだ。
貴乃花はけがを抱えたまま優勝したが、その後数場所も休場をして治療をしたが二度と優勝することができなかったのを思い出す。

 私は前にも書いたが相撲のような激しい格闘技を何の保護設備もなく土俵というコンクリートのような固くしまった土の上でやることに反対なのだ。
特に問題は土俵が60㎝程度高い場所にあり、ここから力士が転げ落ちればけがをしないほうがおかしいくらいだ。
他の格闘技では柔道やアマチアレスリングを見てもわかるように段差などなく、下は畳かマットといったクッション性のある場所で行っている。

 相撲が60cmも高い場所で行ってきたのは歌舞伎と同じで一種の見世物だった伝統からきている。見世物の最大の特徴は本気で格闘など行わないことで、そんなことをすれば転げ落ちた時にけがをするのは必定だ。
長い間大相撲は八百長で成り立っていた。八百長とは金銭のやり取りがある場合と、金銭はないが精神的支援で行う場合があった。
簡単に言えば千秋楽で7勝7敗の力士は相手が勝ち越している場合は必ず勝っていたが、それが力士の挨拶というものだった。
また大関でかろうじて番付を維持している力士に対し、星勘定に余裕がある力士がわざと負けていた。

 相撲協会は長い間八百長を認めなかったが、数年前に八百長事件が発覚し星のやり取り表まで現れたのでその後は八百長を禁じている。
その結果相撲が顔見世興行でなく格闘技になってしまいガチンコで相撲を取るためけがが絶えなくなってしまった。
白鵬は足裏に、日馬富士は両肘に鶴竜は首に、そして大関照ノ富士は両膝、豪栄道は左足首とけがのない力士がいなくなっている。

 200kg近い世界中の力持ちがガチンコで格闘を行うのだからけがのないほうが不思議だが、力士の寿命を延ばすための対策は全くと言っていいほどなされていない。
土俵の高さを今の半分程度の30㎝にして、土俵下には柔道のようなマットを敷いて落ちてもケガをしないようにする措置はぜひとも必要だ。
さらに砂被りといった土俵近くの場所に観客がすわっているが、こんな危険な場所に観客がいるのは相撲だけだ。
もともとは八百長だったから危険性は最初からなかったが、最近のような格闘技になって八百長がなくなれば砂被りにいるなぞはいつ死んでもいいといいっているようなものだ。
他の競技は観客席と競技場を分離しているが、相撲の場合も観客席を今より3m程度は後方にする等の措置をとることを提言する。

 そうしないと力士はけが人ばかりで力士人生を棒に振るし、観客は力士に押しつぶされて命を失うことは請け合いだ。
私の提言を相撲協会が採用するとはとても思わないが、この提言の重要性は知っておいたほうがいい。

| | コメント (0)

(29.3.27) 中韓亀裂拡大  安重根記念館なんて撤去しろ!!!

22317_0321 

 なぜこれほどまでに中国は韓国を締め付けるのだろうかと思う。韓国駐留アメリカ軍がミサイル防衛システム・サードの配置を決めてからの中国の対応は倒れたボクサーをいつまでも殴っている勝ち誇っているボクサーのようなものになってきた。

 サード配置の土地を提供した韓国ロッテに対しての締め付けは特にひどく、スーパーやデパートの前に中国人活動家が陣取り店内に入ろうとする顧客を実力で排除していた。
中国人なら韓国ロッテで商品を買うな。非国民め!!!」
韓国ロッテは中国国内にロッテマートと称するスーパーを約100店舗展開しているが、すでに20店舗が廃業を決め残りの店舗についてもいつ再開できるかわからない状況になっている。

 そしてついに極め付けが現れたが、韓国と中国の蜜月時代の象徴だったハルピンの駅舎内に建設されていた安重根記念館が撤去された。中国政府の説明では移転だが移転先がないのだから実質的に撤去だ。
安重根などといわれても通常の日本人にはなじみがないが、1909年にハルピンの駅頭で初代韓国統監だった伊藤博文を暗殺したテロリストである。
皮肉なことに伊藤博文は韓国に好意的であり韓国の植民地支配の在り方も微温的でこれに反対する陸軍とするどく対立していた。
結果的に日本の韓国支配が台湾などと比較して強権になったのは伊藤博文が暗殺されたからだといっていい。

 しかし韓国人にとっては微温的だろうが強権的だろうが関係はなく安重根は国民的英雄で烈士であり、パク・クネ前大統領が習近平主席に依頼してハルピン駅舎内にこの記念館を建設させた。
二人で日本をいたぶりましょうよ!!!そうしたら私、習さんの言うことは何でも聞くわ」
習近平氏はパク・クネ氏の申し出を受けて記念館建設を許可したのだが、それほどまで協力してやったパク・クネ氏がアメリカの強い要望でサード配置を決定したので激怒した。
パクのやつ、何でも言うことを聞くなんて言っていたのにアメリカの最新迎撃ミサイルを韓国に配備しやがった。これでは中国のミサイルが次々に撃ち落とされて、日本やアメリカを攻撃できないではないか。属国なら属国らしく中国のいうことを聞け

 韓国としては北朝鮮が国営放送で「米韓合同演習をする限り先制的攻撃を行う」と連日のように叫けびまわっているときに防衛をおろそかにすることはできない。だからサードの受け入れは必須だが、中国がこれほど激怒するとは予想していなかったようだ。
サードは北朝鮮からのミサイル攻撃に対処するもので中国とは関係ないのです・・・・・
何度も泣きを入れているが、中国としては自国の攻撃力が半減されるからサード導入に反対するのは当然だ。
うるさい、中国が日本とアメリカを先制攻撃するときにサードは邪魔になる。甘えは許さない。属国なのだから中国のいうことを聞け

 中国政府の締め付けで中国人観光客は韓国を素通りするので観光地はガラガラになってしまった。韓国観光客の約半分は中国人だからこの痛手は大きい。そして今中韓友好の象徴といわれた安重根記念館が閉鎖された。
中韓関係は北風が吹きまくっているが、もともとは韓国のパク・クネ政権が中国の属国となり日本を理由なくいたぶる戦略を立てたことが災いしている。
中国人はメンツだけで生きているところがあり、顔に泥を塗られると許すことはない。
パク・クネのやつ、習さんのお妾さんになる!!なんて言ってたくせにこの態度はなんだ
中国の怒りが収まることはない。

| | コメント (0)

(29.3.26) トランプ大統領の3連敗 司法と議会に骨抜きにされる。

Dscf6500 

 トランプ大統領が3連敗
を喫している。2度のイスラク圏からの入国禁止の大統領令が連邦地裁で憲法違反として差し止められ、今度はオバマケアを廃止しようとした法案が下院で過半数を取れないことが分かって法案そのものを撤回した。
司法と議会がこぞってトランプ氏に反対したわけで3権分立のアメリカの政治制度が機能した形になった。

 トランプ氏は大統領府こそがすべての権力の中心だと主張して止まない政権で、連邦地裁の判事を「くそやろう」と非難し、今回共和党からの造反議員が出たことに歯ぎしりしている。
アメリカ議会は上下両院とも共和党が制しているから本来なら法案もすんなり通過しそうなものだが、オバマケアについては共和党強硬派が完全撤廃を主張しており、今回のようなオバマケアの骨格をのこしたまま、メディケアや補助金の削減を目指す部分的修正案に反対していた。

 部分的修正案では強硬派が反対に回り、一方完全撤廃すれば共和党穏健派が造反する。
アメリカ議会では日本のような議員に対する投票の統制はなく、議員は自由に投票できるから必ず造反議員は出るのだが、共和党が穏健派と強硬派に分裂している以上対立法案が議会を通過する可能性が少ないことを露呈してしまった。

 トランプ政権はオバマケア修正で医療関係予算を大幅に削減し、軍事費の増額分に回したり減税に充てる予定だったがこの戦略がつまずいたことになり、今後の政権運営に暗雲が漂っている。
トランプ政権はオバマ政権までアメリカが保持していた基本スタンスの民主主義、人権、法の支配に反逆して成立した政権だが、アメリカの基本構造はなお憲法維持と法による支配だから、トランプ氏は議会と司法とも戦わなくてはならなくなっている。
大統領令こそ最高の規定なのに、裁判官は憲法と良心に従うなどと馬鹿げたことを言っていて、これではイスラム教徒のテロを防げない・・・・・。おまけに議会がオバマケアを維持するようではアメリカの財政は破綻だ・・・・くそったれどもが・・・・・・」壁に向かってインクツボを投げつけたい気持ちだろう。

 トランプ氏は異形の大統領であり、資本主義文明が過去300年余りかけて築いてきた民主主義や人権や法の支配を否定し、大統領令を最高法規としようとしている政権である。
イスラム教徒やメキシコ人を敵視し、自由貿易に反対してWTOのような国際的な取り決めを無視し、国境税の新設をちらつかせ企業の海外移転を阻止することを最大の政策課題としている。

 あらゆる世界的な取り決めを無視して自国の利益のみ追及するところは中国の共産党政権と瓜二つでどちらも資本主義文明を否定しているから相似形にならざるを得ない。
中国では習近平氏の独り舞台で何でもありだが、アメリカはトランプ氏が現れる直前まで資本主義文明のリーダだったし、社会構造が資本主義文明を維持するように形成されている。
司法は憲法にしか従わないし、議会はトランプ氏を無視して自由に投票を行い、トランプ氏の独裁的先行行為を阻止する。

 アメリカの政治は頓挫し、その結果トランプ氏の政治・経済政策の実効性にイエローランプがつき、はしゃいでいた株式市場に警戒感が現れた。
減税も大型投資も国境税も議会と司法の反対で何一つ実現できないのではなかろうか・・・・」

 アメリカの3権分立が互いに正当性を主張しあって早くもトランプ政権がダッチロールをし始めた。この先アメリカの政治経済は意思決定の能力を失ったまま漂流しそうで、資本主義文明のリーダから降りることも並大抵のことではない。

 

| | コメント (0)

(29.3.25) 安倍内閣の時限爆弾 昭恵氏の口きき問題

Dscf6511 

 安倍内閣の時限爆弾
になった森友学園の国有地払い下げ問題は、安倍首相夫人昭恵氏証人喚問が実施されるか否かにかかってきた。
野党4党はそろって昭恵氏の証人喚問を求めているが自民党はこれを拒否していて、その代わりとして昭恵氏と森友学園理事長の妻とのメールを公開した。

 この事件の本質は国有地の払い下げで政治家か安倍夫人が関与したか否かであるが、籠池氏の国会証言でもその点は不明確だった。
籠池氏が柳本参議院議員や昭恵氏に接触し、国有地の借地権の延長や払下げについて便宜を図ってほしい旨依頼してきたのは確かだが、柳本氏や昭恵氏がその要望に沿って財務省や近畿財務局を動かしたという確認は取れなかった。

 それぞれが内容照会は行っているが、それが働きかけになるかどうかは財務局等受け取る側の受け止め方であり、心の中の問題だから確認のしようがない。
具体的に金銭の受け渡しがあれば贈収賄事件として立件できるし、その他何らかの便宜を提供しても事件として立件できるが、単に状況照会だけでは事件性はない。

 籠池氏から昭恵夫人に対し金品の受け渡しがあれば別だが、籠池氏の証言ではかえって昭恵氏が100万円の寄付をしており、昭恵氏は講演料として10万円受け取っているだけだから90万円の持ち出しになっている
昭恵氏が森友学園に肩入れしていたことは明白で、名誉校長になったり3回の講演や籠池夫人との頻繁なメール交換でも両者が親しい関係にあったことがわかる。

 しかしここまでなら単に森友学園に昭恵氏が好意的に対応していただけで事件性はない。
野党が追及しようとしている点は昭恵氏が安倍首相の権威を利用して近畿財務局に圧力をかけたのではないかということで、その点が立証されれば安倍内閣の命取りになる。
従来から安倍首相は「森友学園とは一切関わり合いがなく自身も妻も森友学園のために政治的圧力をかけたことはない。もしそのようなことがあれば政治家として責任をとる」と明言しているからだ。

 今までの経緯で安倍首相が何ら関与していないことは分かったが、昭恵氏の場合はグレーだ。関与しているともしていないともいえるはざまにいる。
私が金融機関の職員だった経験では、私が担当していた組合の案件である自民党大物議員から「○○組合の件についてよろしく頼む」と上司に電話が入り、大騒ぎをした経験がある。
私がその組合の融資条件や預金活動を強化したために組合員が大物政治家に泣きついたからだが、以来強気の交渉ができなくなった。

 昭恵氏や柳本氏といった議員から頻繁に照会が入れば財務省や近畿財務局としては考慮せざる得なくなる。
こんな政治銘柄は早く片付けてかかわらないようにしよう」と官僚だったら思うだろう。
金銭や地位といった明確な利益供与がなかったとしても、それだけに早く手を引いてしまいたいと思うのが官僚の性癖だ。

 今回案件で野党が追及しても贈収賄事件に発展すことはなさそうだが、一方で政治家や権力者夫人の口きき問題は残る。
刑事問題ではなくとも不適切でありそのために国有地が安価に払い下げられて国に損害を与えたという点を野党は追及し続けるはずだ。
グレーゾーンなだけにこの問題はいつまでも尾を引き安倍内閣を苦しめ続けるはずだから
これは安倍内閣の時限爆弾といえる。

 

 

 

| | コメント (0)

(29.3.24) 安倍政権を襲った突然の昭恵旋風 安倍首相は危機を乗り切れるだろうか?

Dscf0018 

 「政界は一寸先は闇」といったのは元自民党副総裁だった川島正二郎氏だが、安倍政権が急激に揺れている。
昨日(23日)の衆参両院で森友学園の籠池理事長の証人喚問が実施されたが、明確になったことは籠池氏と安倍首相夫人昭恵氏との深いつながりだった。
簡単に言えば籠池氏は昭恵氏に食い込み、その政治力を利用しようとしていたといえる。

 昭恵氏は過去3回ほど森友学園で講演し、また新設される予定だった小学校の名誉校長を引き受け、さらに籠池氏によれば100万円の寄付金を森友学園に提供したという。
こうした行為は通常であれば何ということもない行為であり、寄付金等の経理処理が適切に行われていれば問題にするに当たらない。

 現在最も問題になっているのは、籠池氏が森友学園の建設予定地の国有地をなぜ8億円余り値引きされて購入できたかということで、この点については不明だ。
野党側の追及は政治家が動いたのではないかという疑念の想定での追及だったが、具体的に行動を起こした政治家が明確にいたわけではない。
確かに口利きを行った参議院議員はいたが、政治家ならば通常行っている範囲の口利きだった。

 昭恵氏夫人付きの政府職員が15年11月に籠池氏の国有地の賃貸契約についての照会に対して財務省に問い合わせを行っていた。このFA Xを籠池氏は証人喚問で公表したが、内容は「国側に事情もありご希望に沿うことはできないようだ。このことは昭恵夫人にも報告してある」との内容だったが、これも通常の範囲の照会に過ぎない。

 籠池氏によればこのころから急激に情勢が変化して当初は賃貸契約の延長だったのが国有地の払い下げ問題になり、かつ土壌から多くの不法投棄された廃材等が出てきたので最終的には8億円の値引きになったのだという。
国有地払い下げの直接の権限は財務省近畿財務局にあり、焦点はなぜ財務局はこうした値引きを行って森友学園に格安の国有地の払い下げを実施したかにかかってきた。

 国会証言を聞く限り、この問題に直接強く関与した政治家や政権関係者(昭恵氏を含む)はいなかったが、財務局は政治的圧力があると感じていわゆる政治銘柄として処理したのではなかったかと思われた。
面倒なことにならない前にさっさと片付けてしまえ!!!」ということだったのではないだろうか。
私が金融機関の職員だった頃の経験でも、政治銘柄の融資案件になると上司はほとんど触れたがらず、担当者に一任して逃げていた。
後で責任を取らされることになると困る・・・・・・

 どうやら政治的圧力を感じて財務局は決定をしたようだが、一方で今回の問題で安倍政権がひどく傷ついたことは確かで、順風満帆と思われていた安倍政権の最大の危機が訪れたといっていい。
特に安倍首相が「自身も家族も一切かかわっておらず、もしかかわりが判明すれば政治家としての責任をとる」と明言している以上、昭恵氏のかかわりが明らかになれば辞任せざるを得なくなるだろう。
現状では明確なかかわりというよりは、照会レベルの口利きが明らかになっただけだが、今後の推移によっては予断を許さない。

| | コメント (0)

(29.3.23) トランプ政権のアキレス腱 FBIがロシアンゲートを捜査中

Dscf0030 

 トランプ政権のアキレス腱はロシアである
。大統領選挙期間中トランプ陣営の選対責任者がロシア大使と接触を持ったとの情報が後を断たず、すでにフリン大統領補佐官が辞任したが、今は新任の司法長官が矢面に立たされている。
民主党はロシアの組織的ハッキングが民主党本部等になされたと主張しており、現在FBIが捜査に乗り出している。

 捜査のポイントはロシアのハッキングの有無とロシアとトランプ陣営の接触の有無で、これが実証されるとトランプ大統領はかつてのニクソン大統領のように辞任に追い込まれる可能性がある。
大統領弾劾の手続きは以下の通りで、上院で3分の2以上の賛成がなくてはならない。

1. 大統領は何らかの犯罪行為があった場合、弾劾裁判を受け罷免される可能性がある
2. 弾劾裁判を行うかどうかは下院が審議し、賛成多数で可決される
3. 弾劾裁判は上院で行われ、3分の2以上の賛成をもって罷免が決定される

 クリントン元大統領
は女遊びが過ぎて下院で弾劾裁判を行う議決が可決されたが、上院で3分の2に達せず否決されている。
現在上院下院とも共和党が多数をとっているため、常識的には弾劾されないが共和党主流派対ロシア強硬派でもある)はトランプ大統領に批判的なため、ロシアンゲートがFBIによって確認されれば弾劾に賛成に回る可能性が高い。

 トランプ氏はこのロシアンゲートを最も恐れており、意図的にオバマ氏がトランプタワーを盗聴していたというネガティブ情報を流しているがこれはあり得ない。
オバマ氏は非常にフェアな大統領で間違ってもニクソン大統領のような盗聴を許すことはなく、盗聴が好きなのはトランプ大統領本人の方だ。
FBIのコナー長官もオバマ氏の関与は存在しないと否定している。

 ロシアがトランプ氏との間で制裁解除を条件に意図的なハッキングを繰り返してきたことはほぼ確かで、後は明確な証拠が出るか否かにかかっている。証拠が出ない限りはトランプ氏は「デッチアゲダ」と居直ることが可能だからすべてはFBIの捜査の進展にかかっている。

 ロシアは経済制裁にかなり苦しんでおりここ2年間はマイナス成長を余儀なくされている。中でも最も打撃を与えているのは金融制裁でロシア政府もロシア企業もアメリカやヨーロッパで資金調達することが全くできなくなっている。
手持ち外貨は枯渇してきており、一方頼みの資源価格、分けても原油や天然ガスの価格は停滞したままだ
オバマ政権やそれを引き継ぐと予想されたクリントン氏では制裁解除はおぼつかないため、ロシアがトランプ氏にかけた理由はよくわかる。

 大統領選挙期間中にロシアで市民にインタビュウーをしていた報道を見たが、だれもがトランプ氏支持には驚いた。ロシア政府によるメディア誘導がなされたのだろうが、ロシア人がこれほど他国の大統領選挙に関心を持っていることに私は驚いた。

 ロシアンゲートは今は闇の中だが、トランプ氏が保護主義に傾きすぎ、特に共和党主流派の基盤であるウォール街と敵対するようになると問題が発生する。
その場合は民主党と組んで弾劾が議決されることも予想されるので、ちょうど韓国のパク・クネ大統領と同じ運命になる。
トランプ政権には常にその危うさがついて回っている。

| | コメント (0)

(29.3.22) 安倍首相の懸命な行脚 メルケル首相との連携にかける

22326_021 

 アメリカのトランプ政権が保護主義に急激に傾斜している中で、安倍首相の懸命な自由貿易擁護の行脚が続いている。20日以降ドイツ、フランス、ベルギー、イタリアの4か国を次々に訪問しているが、その中の目玉はドイツ・メルケル首相との自由貿易擁護のための連携協議だ。

 戦後後70年自由貿易はアメリカによって推進されたがそのアメリカがすっかり自由貿易に嫌気がさして、高関税を振りかざす保護貿易主義に転換した。
突然の転換に世界中が驚愕しているが驚愕ばかりしてはいられず、残った自由貿易連合を糾合して何とか自由貿易を守ろうというのが安倍首相のヨーロッパ訪問の目的だ。

 特にメルケル首相はトランプ大統領とは犬猿の仲になっており、3月17日の会談では両者とも握手さえしなかった。
メルケル氏が自由貿易の擁護を説いたのに対し、トランプ氏はNATOの軍事費の分担金増額を要請して対立したからだ。
安倍首相がトランプ氏の駐留経費の増額要請に前向きに対処すると答えたので厚遇されたのと好対照になった。

 メルケル首相は実質的にEUの大統領であって、EUの経済規模もアメリカに匹敵しており簡単にはアメリカの言いなりにならない。アメリカに対抗できる極を作るのがEUの目的だった。
特にドイツの工業生産力は抜きんでており自由貿易の恩恵を最も得ているのはドイツになっている。
シリア難民にたいしてメルケル氏が最も好意的なのも(本人の人道主義的立場もあるが)ドイツ経済が絶好調で難民をいくら受け入れても職場の確保に困らないからだ。

 もっともこれはドイツだけの現象であってフランスやスペインやイタリアといった国々は経済の低迷が続いており国内には失業者が増大し移民受け入れには反対する極右勢力の台頭が著しく声高に保護主義を叫んでいる
EU内で本当の意味で自由貿易を擁護しているのはドイツだけになっている。

 日本には極右政党というものがなく、また野党はただ政権の足を引っ張ることだけしか能力がなく政権担当能力がないから自民党政権は安泰で自由貿易に反対する勢力はいない。
結果的にドイツと日本だけが自由貿易を守る最後のアンカーになってしまった。

メルケル君、この自由貿易幕府を守るのは君と私しかいない
安倍君、トランプ薩摩がアメリカン尊王攘夷を振りかざして幕府を揺さぶっているが、君と私がいれば何とか幕府は持ちこたえられる。先日トランプ薩摩にあったときは私と握手さえしなかったが安倍君とはこうして固い握手を取り交わせる
メルケル君、信頼できるのは君だけだ

(音楽)強く跳ねて 互いに手を取り合い目を見つめあう二人。
「語り」 こうして自由貿易幕府の運命は二人の肩に重くのしかかるのだった。

 



 

| | コメント (2)

(29.3.21) 地上は安全なのになぜ騒ぐ 豊洲問題は日本人の弱点が現れている!!

Photo 

 築地市場の豊洲への移転問題はますます混迷を極めてきたが、もともと東京ガスのガス工場の跡地であった関係で何をしても地下にはベンゼンとシアンとヒ素が残されたままであることが分かってきた。
しかしこれは当然で、だからこそ3mの盛土をしたり50㎝の厚さで表面をコンクリートで覆って汚染物質を閉じ込めたのであり、地下と地上を分離して考える分離策だった。

 問題は本来分離策だったので地下水のモニタリングをすれば必ず汚染物質が出てくることが確実だったのだが、石原都政で「3mの盛土をしたので地下も安全だ」とアナウンスメントしたことからあらゆる齟齬が発生している。
都は過去8回のモニタリング調査を行い地下水は浄化されたと発表し続けたが、これは都の担当部長が調査会社と示し合わせて意図的に数値を改ざんしてきたからであり、小池知事に代わり担当部長がパージされると、9回目にあらゆるところから有害物質が検出された。

 担当部長が数値改ざんを指示したのは「盛土を行えば安全になる」とのアナウンスメントとの整合性を図るためであり、地上も地下も安全としたかったからだが「そうは問屋が卸さなかった」。
工場跡地が完全に浄化されることはあり得ず、仕方がないので盛土とコンクリートで覆ってきたのだから地下水が汚染されたままなのは当然だ。
地下水を調べた専門家会議の平田座長は「豊洲は50cmのコンクリートで覆われており、盛土を行なわなかった地下空間を含めて完全に地下と遮断されているので地上は安全といえる」とコメントしたが、科学的な判断としては当然だ。

 問題は日本人には科学的な判断より気持ちを重視する人が多いことで、「いくら安全といっても地下が汚染された場所でセリにかけられた魚や野菜は食べられないわ」という人がいることだ。
一般的には風評被害というのだが日本ではこの風評被害が多く、科学的判断が簡単に吹っ飛んでしまう。

 私は日ごろからこの日本人の性癖は日本人の弱点だと思っているが、福島県の原発周辺に住んでいた住民に対する嫌がらせも、「放射能に汚染されている」という風評に従ったもので、科学ではなく気持ちを優先する日本人の欠点が現れている。

 今回100条委員会に出席した石原元知事は半分ぼけてしまっていて「2年前に脳梗塞を患ってそれ以来文字がわからなくなりひらがなも書けない」と証言していたが、このような老人をいくら追及しても仕方ないことは誰にでもわかる。
はっきり言えば老人いじめだが100条委員会は7月の選挙に向けた都議会のパフォーマンスのために行っている。
このような馬鹿げたパフォーマンスは地下と地上を分ける考え方が貫徹していれば最初から問題にならないはずのものだったが、都民の「気持ち」を孫釈して「地下も安全」という誤った誘導を行った結果だ。
これは石原元都知事に責任がある。

 小池知事は「モニタリングの追加調査の結果を重く受け止める」といって豊洲移転に消極的な態度をとっているが、現在使用している築地市場も元米軍のクリーニング工場が併設されていた関係から汚染物質を地下に閉じ込めており地下水を調査をすれば驚愕するような結果になるだろう。
この問題は科学的評価を重視するか、都民の気持ちを重視するかという問題で日本人という人種がどのような人種であるかを明確にわからせてくれるリトマス試験紙になっている。





 

| | コメント (0)

«(29.3.20) G20の崩壊と自由貿易の終焉 そして誰もが沈黙する!!!