(31.2.15) このままでは子供の命は守れない

22225_015 

  私はこうしたブログを書くのは本当はつらいのだ。できれば避けてしまいたい衝動に駆られるが、そうすることもできない。
栗原心愛ちゃん10歳)が、父親からひどい暴行を受け虐待死をした事件のことである。

 報道によれば父親の勇一郎容疑者はマゾヒストと思えるほど心愛ちゃんを虐待し続けていた。
特に昨年暮れごろには暴行を繰り返し心愛ちゃんに骨折を負わし、病院に連れていくと虐待がばれるため、家の中にほぼ1か月にわたって軟禁していた。
しかもねる場所は廊下に限定し、寒さに震えて泣けばまた虐待するというひどさだ。
そして虐待動画を妻に撮影させそれを楽しんでいたらしい。
これでは少女が死ぬのは当然で、勇一郎容疑者は明白に心愛ちゃんに対し殺意をもっていたといえるだろう。

 私は思わず慟哭してしまったが、それは私も幼児期に母親からひどい虐待を受けており、その記憶が蘇るからだ。
母親は子供に対しては何をしても許されるのだと虐待をしながらいつも言っていた。
私は小学校低学年のころまでは、いつも手足を縛られて押し入れに入れられ「少年院に入れる」と脅されていた。少年院がどのようなものか知らなかったため、私はひどくおびえ泣き叫んで「許して母ちゃん」というのが常だった。
特にひどいことをしたわけではないが母親の命令に素直に従わなかったのが虐待の理由だったと思う。

 妹も母からひどくいじめられ頭の髪の毛を引っ張られ畳の部屋を引き釣り回されていた。妹は私と異なり気の強いところがあったので、母親をきっと睨み返したがこのことが母をさらに逆上させ、いつまでたっても妹を引きずり回すのをやめなかった。それは祖母が見かねて止めるまで続いた。
我が家では母が暴君であり、父も母には何も言えず口答えをすればちゃぶ台をひっくり返され、箸や茶碗を投げつけられていた。こぼれたご飯を黙って拾っていた父親の姿を今も思い出す。

 小学年高学年になると私のほうが母より体力が上回ってきたので、私の手足を縛ることはできなくなったが、その代わりに包丁をもって私を追い回した。
お前を殺して私も死ぬ」というのが口癖で、母が逆上して台所に飛び込むと私はすぐさま家を飛び出して逃げたものだ。最も冬は戸が閉まっていて外には逃げられないため、座布団で応戦した。母は歌舞伎のチャンバラのように包丁を振りかざしたが、それを座布団でよけるのだ。実は人を殺す方法は包丁を振り回すのではなく、体ごとぶつけて突き殺すのだということを母は知らなかったため、私は簡単に包丁を避けることができた。
そして母を反対に羽交い絞めにして身動きできないようにしたが、そうされると母はさらに逆上し足をじたばたさせながら「お前たち、母さんを助けろ、何をしている。次郎をやっつけろ」と叫んだが、妹も弟もそして父も黙ってみているだけだった。
その後母は私を包丁をもって追いかけるのをやめた。再び羽交い絞めにされて醜態を演じることに懲りたのだ。

 私の経験から言えば虐待は一度始めると反撃を受けるまでやめないものだとわかる。
人間には弱いものを嗜虐する本能のようなものがあり、弱いと思ったらどこまでも嗜虐を繰り返す。
私は母からの虐待だけでなく学校でも常にいじめられていたが、小学校5年生の時いつもいじめられていたガキ大将と取っ組み合いのけんかをし、このガキ大将を羽交い絞めにして地面に押し倒してから、だれも私をいじめなくなった。
以来「弱ければいじめられる」というのが私の経験則になっている。

 だが今回の心愛ちゃんについていえば、どうにも対処のしようがなかっただろう。心愛ちゃんは女の子であり、一方虐待の相手は父親で体力的にはかなう相手ではない。母親は父親におびえて心愛ちゃんの虐待の手助けをするようになっていて、これでは救いようがない。虐待者は虐待を受けるものから反撃されない限り、虐待をエスカレートしていく。
しかも父親には「しつけ」という大義名分もある。
勇一郎容疑者が特に悪人だというよりも、虐待を止めるものがいないためとめどもなく虐待をエスカレートさせたというのが実情だろう。
弱い人間をいじめることは快感なのだ。

 心愛ちゃんのような絶対的に弱い人間を救う方法は一つしかない。虐待が少しでも疑われた場合は子供を虐待者から強制的に引き離すことだ。そのためには児童相談所ではなく警察という権力構造の介在が必要になる。それしか弱い幼児の生命を守る方法はないのだから躊躇すべきことではない。
幼児虐待は最も重い犯罪の一つと認識すべきなのだ。

| | コメント (0)

(31.2.12) ベネズエラの政治混乱 崩壊すれば中国は大損

23211_018 
  ベネズエラといっても日本人にとってはほとんどなじみのない国だが、今ベネズエラの支配権を巡ってアメリカと中国・ロシア連合軍が厳しくせめぎあっている。
この国は1999年以降チャベス政権が社会主義政策をとってきており中国とロシアの友好国だったが、ここにきてベネズエラ経済は完全に崩壊し、チャベス政権の後継者のマドォロ大統領が独裁権力を軍事力だけで支えている。

 しかし経済状況は最悪で、毎年250万%を超すインフレに悩まされており、3000万国民のうち300万人がすでに国外に脱出してしまった。こんな経済状況ではとても生活できないからだ。
ベネズエラといえば世界最大規模といわれる石油埋蔵量があり、それゆえ石油だけで国民を養えるような国柄だと思われているが、実際はそうではない。
最大の理由はベネズエラの石油は質が悪く(重質という)、原価がほぼシェールオイル並みといわれているため、石油価格が現在のように50ドル前後だと利益をほとんど生み出すことができない。

 まだ石油価格が100ドル前後だったときに、チャベス政権は国民福祉と称し農産物価格を低位に抑え補助金を支給していたが、それも100ドルだからできたのであり今や補助金がなくなったために食料価格はうなぎのぼりだ。
さらに問題は中国から630億ドル約7兆円)、ロシアから約2兆円の借り入れを行ったが、この返済を原油で行うことになっていたため、原油価格の低下で返済金額に相当する石油量は二倍になってしまった。

注)中国からの借り入れは主として石油採掘事業や鉄道業に、そしてロシアからの借り入れは軍事物資の購入に充てられた。

 利益が全くでない原油の生産を行い、さらにそのほとんどが中国に吸い上げられているためベネズエラは貧困国家に陥ってしまった。
原油はいくらほっても中国にもっていかれるんでは我々はどうして生きていけばいいんだ
あまりの生活困窮に陥ったためついに国内から反旗を翻す政治家が表れた。グアイド国会議長で国民のほとんどがグアイド氏を支持したため、今やベネズエラでは内戦の一歩手前までいっている。

 アメリカにとっては目の上のたん瘤だったベネズエラ左翼政権を倒す好機が訪れたのだが、一方中国やロシアにとっては貸し付けた資金の回収が危ぶまれる状況になっている。
グアイド氏が政権を握れば中国やロシアとの約束を白紙に戻すことが確実で、簡単に言えば中国は7兆円の貸し倒れ、ロシアは2兆円の貸し倒れになってしまう。

 まだ軍部はマドォロ大統領を支持しているが、これはなけなしの石油収入を軍人にだけばらまいているからで、その石油収入もアメリカのトランプ政権の経済制裁でじわじわ減少しており、いつまでも軍人に餌を与えておくこともできない。
さらにアメリカは内乱になれば5000人規模の軍隊を派遣すると中国とロシアをけん制している。

 中国は今や踏んだり蹴ったりで、一帯一路と称してベネズエラをはじめパキスタンやスリランカといった低開発国に多額の融資を行ってきたが、そのほとんどが返済不能となりつつある。
代わりの担保として港湾や鉱物資源の採掘権等を手に入れているが、利用できなければ何の価値もない。
中国経済は完全に減速傾向にあり、資源などはこれ以上輸入しても使い道がないほどになってしまっている。
どうしよう、資源を担保とすれば絶対大丈夫と思っていたが、どの資源価格も低迷し使い道がなくなってきた。それに港湾なんて貿易が廃れば何の価値もない。一帯一路とは我が国の首を絞めつけるだけか・・・・・・
中国の苦悩は深い。
 

 

| | コメント (0)

(31.2.1) 中国高速鉄道は累積債務の雪だるま

2023_031 

 私は中国の大学教授はすべて御用学者であり、中国政府にとって都合の悪い数字を公表することはないと思っていたが、それは間違いでこのたび発表された北京交通大学の趙教授の論文には驚かされた。

  この論文には世界最大の交通網を誇る中国高速鉄道日本でいえば新幹線)のうちまともなのは北京・上海間路線日本的イメージでは東海道新幹線)と北京・広東間路線日本のイメージでは山陽新幹線)だけであとは大幅な赤字路線だらけだという。
特にひどいのが僻地の新幹線で、蘭州・ウルムチ間は、日本の平均乗車率の7%程度しか乗客がいないという。

 中国では公共工事といえばこの高速鉄道建設がメインで、すでに2万9000㎞と日本の新幹線の3000km約10倍のキロ数を誇っている。一方で債務も雪だるま式に増えており中国鉄路総公司は実態をひた隠しにしているが、赤字額は推定で78兆円規模になるという。
これは日本の旧国鉄が清算した時の赤字幅24兆円に比較すると約3倍強であり、しかも毎年この額は急速に積みあがっている。

 中国の親方五星国旗の威力は日本の比でなく、党中央の命令であれば乗客はパンダだけでも新幹線を建設してしまうが、そうした経済原則を無視した建設が半永久的に続けられるはずはない。
中国政府の国庫は対外的に公表されているような盤石なものではなく、実際は火の車でちょうど倒産間際のダイエーのような状態だから、趙教授が党中央の意向を無視して警告を発した気持ちはわかる。
このままでは中国国鉄は日本の旧国鉄と同じ運命をたどる。しかもその規模は日本の比でないから国家の存亡の危機にもつながりかねない」と警告しているのだ。

 中国は国内だけでなく世界中で鉄道建設を行っているが、海外の鉄道建設ではほとんどがとん挫している。インドネシア、タイ、ロス、メキシコ、ベネズエラではほとんど建設に取り掛かれないか、あるいはキャンセルされている。
最大の理由は中国政府がケチになったことで、従来のように大盤振る舞いの無償借款や買収資金の提供ができない。
何度も言うが中国政府の台所は火の車でない袖は振れないからだ。

 国内ではパンダを載せるだけの目的で新幹線を建設し続け、海外では当地の政治家を買収する資金までけちるようになって「なら高速鉄道なんていらないよ。もともと需要はないんだから」と冷たくあしらわれている。

 中国鉄道は旧国鉄と同様に破産に向かって驀進しているが、中国の公共工事といえば鉄道以外の物件が乏しいため、景気対策として今年も12兆円規模の建設をするという。
趙教授でなくとも警告を発したくなるのは当然だ。

 

| | コメント (0)

(31.1.31) 日銀の愚かな見込み違い 何をやっても物価は2%上昇しない

2039_055 
  日銀が長い間目標にしてきた消費者物価2%上昇を取り下げた。
とても19度中に物価が2%上昇する要因はない」と白旗を上げている。
日銀にはきのどくだが、物価上昇が日本で起こらないのには二つの理由がある。

 一つ目は日本の人口構造の変化であり、日本人の人口は世界最速で減少しており、かつ驚くほどのスピードで老人人口が上昇している。
人がいなくなれば消費財に対する需要はその分減少するし、さらに老人が増えれば消費が傾向的に減少する。

 老人になってみればわかるが食欲などほとんどわかず、衣類なども着飾る必要はなくなり、頭は剥げてしまうから床屋に行く必要もなく、家屋はすでに手配済みだからメンテナンス以上の費用はいらない。子供に対する教育費などは子供が成人してしまっているからかかりようもなく、旅行に行こうにも体力がなくなると時差のある外国などにはいきたくない。
かかるのは医療費だけだが、ひどい病気をしない限りは上昇分はわずかだ。
これで消費財に対する需要が増加すると思うほうがどうかしている。需要そのものがなくなるのだから物価は上昇しない。

 もう一つの理由は金融緩和が消費材の需要に結びつかないことだ。
日銀にすれば史上空前の金融緩和を実施中であり、毎月10兆円規模の資金を市場に放出しているが、その金は株式や不動産や他の投機物件に流れるだけであり、消費財の需要には向かない。
ひたすら投機財だけ価格を上昇させており、それにうまく対応できる一握りの投機家だけが裕福になる。
日本経済は過去最長の経済成長だといわれているが、成長しているセクションは投機財産業だけだから、それと縁のないサラリーマンや多くの老人にとっては全く余禄がなく、「実感のない成長」なのは当然なのだ。
 実際先進国では消費財産業や投資財産業の成長は限界に達しており、日本でもアメリカでも投機財市場の成長以外は不可能になっている。
そして投機財市場を活性化する唯一の手段は金融緩和だけだ。
ほれほれ、金はいくらでも印刷するからこれを使ってマネーゲームをしてくれ!!」そう言っているのだ。

 だから消費財の物価は日銀の期待とは裏腹にわずかしか上昇しないのだが、本来は消費財物価は上昇しないのが一番なのだ。
物価上昇はサラリーマンや年金生活者の生活を脅かし、一方物価下落は企業家の利益を損なう。経済学においても物価は中立的なものがよいというのが大勢で、実際黒田日銀総裁が出現するまでの日銀のスタンスは物価を中立的に保つことだった。

 だが現在の主要国の物価政策は安定的上昇であり、それなくして経済成長はないとの強迫観念にとらわれている。
そしてその経済成長は投機財産業の成長であり、消費財産業や投資財産業の成長ではない。
成長しないよりは何であっても成長したほうがましとばかり、政府も日銀も金融緩和に余念がないが、そのような経済成長が本当に必要なのか、今先進諸国に根本的に問われている問題だ。

| | コメント (0)

(31.1.30) ネットワークは無線の時代

  2023_012

  私は根が保守的なものだから、一度決めたことを変更するのは常にためらいがあり、延々と同じことを繰り返す癖がある。最もこれがすべて悪いことともいえず、10年以上にわたって四季の道の清掃をほぼ毎日行ったり、体が丈夫な頃は10㎞程度のジョグをこれもほぼ毎日繰り返してきた。

よく言えば長続きをするのであり、悪く言えば古色蒼然とした生活態度といえる。

 最近まで悩んでいたことの一つにパソコンのネットワーク環境がある。私の環境はNTTの光回線を使用し、プロバイダーはヤフーを使用している。しかしこの使用料が高いのだ。
NTTの回線料は7000円を超えており、ヤフーのプロバイダー料金は約3000円だ。
毎月この基本料金が徴収されているのだがいつも不満だった。
世の中にはもっと安価なネットワーク環境があるのに何とかならないものか・・・・

 常にそう思っていたが、いざ変える段になると踏ん切りがつかない。
たかが数千円安くなる程度で、今までの安定しているネットワーク環境が壊れたら元も子もない。まあ少し高いぐらいは我慢の範囲だ」そう言い聞かせてきた。
だが世の中の進歩はすさまじい。特に無線のWi-Fi環境の整備が進んできて、無線でも有線並みの品質と通信速度を持つようになってきた。

これはいっそのこと無線に変えたほうがいいのではないか・・・・、だがプロバイダー契約はどうするのだろうか・・・・・・・
調べてみたらWiMAXという製品がこの業界では最も人気があり、無線契約をすればプロバイダーとの契約はいらないことがわかった。しかも費用はカタログ金額で2700円程度、これに実際はオプションがつけさせられて4000円程度で済むという。

うん、こいつだ。これで通信速度に問題がなければ絶対にこいつだ!!!
興奮してしまった。
私はブログを書いたりインターネットで検索するのがパソコン利用の主たる目的で、ユーチューブのような画像を見ることはまれだし、特に大容量の検索はしないから、これが最適に思われた。
さっそくWiMAXに電話したら、3日後にルーターが送られてきた。
中身を見るといろいろな注意事項が書いてあり、「必ず事前に読むこと」などと書いてあるので、書類を読んでいたら頭が痛くなってきた。
なんだかさっぱり言っていることがわからん…こういう時はさっさと設定作業にかかってトライアルアンドエラーが一番だ

 今までの経験からマニュアルに書いてあることはひどく難しいのだが、実際の作業はいたって簡単なことを思い出して設定作業を行ってみた。
なぜかわからないが、まず送られてきたICカードをルーターに差し込み電源を入れるとさっそくルーターが起動してくれた。
次はパソコンとタブレット端末でこのルーターを認識させればいいはずだ!!
固定回線でのWiFi環境の設定をした経験があるので、勇んで端末側から認識させようとしたがパスワード画面でいきづまった。

 ルータ-の下部にIDとパスワードが記載されているので、これをいくら入力しても、パソコンからルーターを認識できない。
なぜだ、なぜできない。これなら固定回線のほうがましだ・・・・・」すっかり弱気になってきた。
しかしこうした作業はうんうんうなっていれば最後はどうにかなるのを、これも経験から知っていたので、もう一度ルーターの下部を見たら、「暗号キー」というものが記載されていた。
あれ、これは昔有線でWiFi環境を作ったときの暗号キーに似ている
さっそく打ち込むと、うれしいことに我が家の無線によるWiFi環境が起動してくれた。
しかも検索やブログ作成に全く支障がない速度で、感度的にも有線と変わりがない。

いや、やったぜ、これで馬鹿高かったNTTの光回線やヤフーのプロバイダー料金から解放される・・・
うれしくなってしまった。
考えてみれば有線の時代は終わり今や無線の次代に移っているといえそうだ。
何しろ無線ならば回線工事という厄介な手数はいらないから、引っ越しもいたって楽だ。
そのうえプロバイダーとの契約をする必要もないし、料金は半額以下になる。
私が保守的に有線にこだわっているうちに世の中は無線が主流になり、光回線の時代は終わろうとしていたようだ。

さて、これからNTTとヤフーに電話して契約解除をしよう・・・・・・・」少し興奮しうれしくなってしまった。

 

| | コメント (0)

(31.1.25) メイ首相の深い憂鬱 一体どうしたらいいの!!

Dscf5817_2 

 英国がどうにもならない袋小路に追い込まれている。メイ首相がやっとのことで取りまとめたEUとの離脱合意案はイギリス議会から手ひどい反発を受け否決された。
離脱合意案は北アイルランドとアイルランドの国境問題をそっと棚上げしたまま、EUとの離脱を行うというものだから、離脱賛成派も離脱反対派も目をむいた。

 北アイルランドはイギリスにとって特別な場所だ。簡単に言えばアイルランドにおけるイギリス植民地といったところで、そのために何年にもわたって北アイルランドは民族紛争の火種になっていた。
その紛争が収まったのが1998年の和平合意で、その後北アイルランドの住民はイギリス国籍、アイルランド国籍、その両方の国籍取得の選択の自由が認められた。一種の中立地帯となったわけだ。
さらにイギリスのEU関税同盟加入によって北アイルランドとアイルランド間の国境がなくなり、北アイルランドはEUの市民となって北アイルランド問題は氷解したと思われていた。

 その亡霊を呼び覚ましたのが今回のイギリスのEU 離脱問題で、再び北アイルランドに国境ができ、北アイルランドが明確にイギリス領になってしまうことだ。
これにアイルランドがかみついた。
北アイルランドはイギリス領ではなく、EU領でありしたがってここの市民はEU市民である。国境など設定するのは許されないし、もし国境を作るならアイルランドはイギリスのEU 離脱案に拒否権を発動する

 メイ首相はこのアイルランドの強硬姿勢にあって身動きが取れなくなってしまった。国境を作らなければ離脱した意味がないし、国境を作ればアイルランド系市民による悪夢のベルファストになってしまう。
メイ首相は国境問題を何とか棚上げしてあいまいなままに離脱を図ろうとしたが、離脱派も反離脱派もこれでは収まらない。
議会に諮った案は離脱派と反離脱派の反対にあって歴史的大差で否決されてしまった。
なら、どうしたらいいの。 代案があるなら示しなさい
メイ首相の目の下のクマはパンダのようになり、半分泣きそうになってしまった。

 簡単に言えばこの問題はどうにもならないのだ。スコットランドと北アイルランドは離脱反対派が多数を占め、一方イングランドは離脱賛成派の牙城だ。
どちらに転んでも半分は反対なのだからどうしようもない。国論は二分された。
今は合意なき離脱に突き進んでいるが、合意がないということは何でもありということで、再びスコットランドと北アイルランドの独立問題が火を噴きそうだ。
結局EUからの離脱はイングランドだけになって、大英帝国からスコットランドと北アイルランドが独立し1707年以前の状態に戻ってしまうのだろう。
大英帝国は21世紀をかけて再びイングランドに回帰しようとしている。

 

| | コメント (0)

(31.1.23) 韓国文政権の錯乱 日本の哨戒機を打ち落とせ!!

2039_132 

  最近の韓国はやらずぶったぐりで、少しでも自身が不利になると「無礼だ」とか「脅威を受けたと受けたほうが脅威と言えば脅威なのだ」とかわけもわからないことを喚き散らして、精神に異常をきたしている。
韓国駆逐艦が我が国の哨戒機に対して射撃管制用のレーダー照射をおこなった件の日韓の事実確認のための話し合いのことである。

 自衛隊が射撃管制レーダーの音声記録を公表したが、「うるせい。単なる音じゃねいか!!どこがレーダーだ」とけんもほろろだ。
射撃管制用のレーダー照射には、継続して照射が続けられるという特色がある。一方で探索用レーダーの照射はアンテナがくるくる回っているため、一定の周期で電波が強くなる。
今回の照射は約18秒間にわたって継続しており、専門家が見れば射撃管制レーダーであることは一目瞭然なのだが、それでも韓国はその事実を認めない。
ばっきゃろー探索用レーダーだといっているだろう。無礼だ、無礼だ、きゃほー!!」全く幼児と変わりがない。

 韓国の説明によると、北朝鮮の船舶がSOSを出していたため、韓国警備救助艇と駆逐艦を派遣していたということだが、そこに日本の哨戒機が来て韓国艦艇に脅威を与えたために、探索用レーダーを照射したのだという。
脅威を受けたのなら射撃用レーダーであり、探索用レーダーはおかしいのだが、「そこは韓国人は世界にもまれな冷静な民族だから、探索用レーダーで我慢した」ということのようだ。

 韓国の説明で最もおかしなところは北朝鮮船舶が本当に救助を求めていたかということだ。
確かに韓国警備救助艇が出動しているから、外見上は救助をしている体裁をとっているが、実際は韓国警備艇に北朝鮮向けの物資を積み込み、国連決議違反をカモフラージュして物資の供給をしていたのではないかという疑惑がある。
そもそも日本の哨戒機がこの水域を警戒していたのは北朝鮮船籍の沖取りを監視していたからだが、その場面を日本に知られるとまずいので、韓国駆逐艦が哨戒機を追い払うために管制用レーダーを照射したのではないかとの疑惑である。

 文大統領は人道的支援と称してこれまでも北朝鮮への物資供給をおこなっており、さらに金剛山観光の再開や、ケソン工場団地の再稼働を盛んに示唆しており、国連決議を全くと言っていいほど実質的に無視している。
従来北朝鮮は「沖取り」という手段で中国や韓国から民間船舶を使用して非合法に物資を輸入してきたが、日本やアメリカの哨戒機の目が厳しくなったため、新たな手段として救助を装った韓国救助艇による「沖取り」を始めたのではないかと疑われている。
それを日本やアメリカに知られないようにするために駆逐艦が派遣されて、哨戒機が近づけば射撃用レーダーで脅して去らせようということだ。
しかしこれを認めることはできないため、ただ喚き散らすだけだ。
無礼だ、無礼だ、なんでもいいから無礼だ、きゃっほー!!」

 考えても見てほしい。哨戒機には武器などないから近くに来たとしても駆逐艦の脅威になることはありえない。それを「脅威を受けたと受けたほうが脅威と言えば脅威なのだ」などというのはやくざの因縁というほかはない。
韓国文政権は実質的に北朝鮮のエージェントになり下がっており、「北朝鮮こそわが母国」と本音では思っている。

追加)哨戒機の武装については武装があることを読者の「たすく」さんが教えてくれた。さらにもう一人の読者から詳しい装備をおしえてもらった。哨戒機にはそれなりの武装があるのが実際のようなので、ここの段落は間違いです。

 今後も文政権は北朝鮮のためにあらゆる援助を惜しまないだろうから、日本の哨戒機に対する嫌がらせは続くと思わなければならないだろう。
文大統領は韓国を北朝鮮に売り渡そうとしているのだ。

 

 

| | コメント (2)

(31.1.20) 厚生労働省の統計はイカサマだけれど・・・・・・

Dscf5301_2 

  いやはや大学のセンター試験が終わるまでとてもブログを書く余裕がなかった。私の教え子の一人がセンター試験を受けるので12月から毎日特訓をしていたからだ。
過去問赤本として発行されておりこれで繰り返し解くのだが、私も事前にこの赤本で問題を解かなければならないので、毎日過去問との悪戦苦闘をしていた。
特に今回は英語と国語の指導をしていたのだが、センター試験の英語や国語はやたらと長文で、英語などネイティブと同じ程度の速さで読まないととても時間通りには終わらない。
しかも赤本の文字は小さく老人の目には過酷すぎる。
何とか早くセンター試験が終わってくれなければ失明してしまう・・・・・・・・

 そのセンター試験もようやく終わった。これでやっとブログを書く余裕ができたが、本来は記載しなければならないことが山積みになっていて、何から手を付けてよいかわからないほどだ。
今回はとりあえず厚生労働省の毎月勤労統計の不正操作から記載してみよう。

 日本の統計処理は他国と比較すると格段に正確なのだが、それでも統計処理には不正が横行する。最大の理由は統計の集計処理が膨大なことと、この作業をしても官僚として出世とはほど遠いからだ。
ただ数字を集めて集計しているだけだろう。サルでもできる」なんて感度だが、実際資料をくまなく集めたり、不明な箇所の確認をしたりこまごまとした作業はきりがない。
しかも統計は各官庁の仕事としては最低ランクの仕事で、まず出世と縁遠い人か若手で腰掛期間の一時的な仕事とされている。

総務省の統計官がうるさいから適当にやっておけ」という雰囲気だからやる気など起こるはずはなく、今回のように500人以上の悉皆調査を3割程度の抽出調査に切り替えたくなるのは無理もない。
しかしそのためには総務省の了解が必要でさらに抽出調査でも問題がないことを統計学的に証明しなければならない。
厚生労働省はこの手続きを省いて適当な抽出調査に切り替えてしまった。
おそらく総務省を納得させるだけの根拠がなかったのだろう。

 そのために重大事故が発生してしまった。いわゆる雇用保険等はこの毎月勤労統計を基礎に計算されるのだが、基礎数字が本来の数値より低く出ていたという。これは実は厚生労働省の担当者が抽出する事業所を低位に意図的に選んだ可能性が高い。
もうこれ以上雇用保険が増加するのはかなわない。いっそ数字をいじって少ない金額でだまかそう」ということだ。
今回厚生労労働省が行ってきた不正が発覚したのはおそらくタレこみがあり、公表しなければかえって政府の責任が問われる事態になったからだろう。外部に漏れなければ不正を継続していた可能性は高い。

 統計数字の不正の影響はさらにGDPの計測にも響いてくる。GDP統計とは主要な統計資料を基礎に推計を行うことで成り立っているが、その基礎数字の一つが違うのだから当然GDP の値も異なる。本来はもっとGDPは上だったのに低く集計していたことになる。
こうした不手際に政府は激怒しているが、私は本音を言えば笑ってしまった。
実際統計処理などというものはそうしたものだと思っているからだ。
統計数字を正確無比なものと思っている人にとっては気の毒だが、あらゆる統計数字には何らかのバイアスがかかっている。

 特にすごいのは中国の統計数字で、こちらは党中央が示した目標数にに必ず合わせるのが建前で、統計数字とは鉛筆をなめて記載するものだといって平然としている。
いまでは世界中に知れ渡ってしまったが、以前は中国の統計数字を本気で信じていた人が山ほどいたのはお笑いだ。
日本はそれに比較するとかなりまじめなのだが、それでも今回のような無断抽出案件が発生する。

 統計数字の正確性とはその政府の独裁制と反比例するもので、独裁国家の数字は全く宣伝用に過ぎない。日本は民主国家の優等生だから統計数字をかなり信じていいのだが、それでも官僚のサボタージュ等があるから信頼性は70%程度だろう。ちなみに中国の統計の信頼性は10%程度だ。

 

| | コメント (0)

(31.1.3) 自転車は老人の最後のスポーツ

 211230_078

  老人向きのスポーツはいくつかあるが、私が最も愛好しているのは自転車である。自転車こそは老人の花形スポーツではないかと思うほど入れ込んでしまった。

毎日雨が降っていなければ2時間から3時間のライディングに出かけている。ここおゆみ野から南に下ると千葉県の屋根といわれる場所になるのだが、標高は高くても300m以内で、アップダウンが交互に現れて実際に走ってみるとなかなかのタフなコースだ。

 私が自転車を始めたのは走ることが全くできなくなったからだ。かつては夜寝ることもなく2日間走り続けるような競技に好んで出場していたが、腰と膝を痛めてから全くと言っていいほど走ることができなくなった。さらに悪いことには歩くことも脊椎間狭窄症で10分も歩けない。
腰から下がしびれて動けなくなるのだ。最も数分間休めばまた歩くことはできるが、今度は5分間程度で再び歩けなくなる。

 すっかり走るのも歩くのも嫌になって今は自転車がすべての移動手段になっている。自転車は腰と足への負担が走りや歩きの3分の1から5分の1程度だから、全くと言っていいほど腰も足も痛まない。私は自動車には乗らない主義だから、これで自転車がなかったらどこにも行けなくなるところだった。
さらに自転車の走行範囲は意外と広く片道20㎞程度であれば1時間で行けるから私が必要とする用事ならばすべて自転車の走行範囲に含まれる。

 私は老人スポーツとしてぜひ自転車をすすめるが、唯一の欠点は日本の交通事情は自転車にやさしくないということだ。
道路交通法が最近改正されて自転車はバイクと同様に車道を走らなければならないのだが、日本の道路は狭い場所が多く、交通量の多い場所では命がいくつあっても足りないほどの危険を感じる。
したがってロードレーサーに乗っているような本格的なライダーを除くと、ほとんどの自転車が歩道を走っている。
ママチャリで幼児を前後の乗せて車道を走るなんてほとんど自殺行為だから当然だ。

 世の中には自転車原理主義者がいて、この恐ろしいまでに現実離れした道路交通法の改正を推進したのだが、実際は安全に自転車が車道を走る場所は限られているので、警察官が歩道を走っている自転車に注意することは全くと言っていいほどない。
こんなばかげた道路交通法の改正をする人間はあほだ」と現場の警察官はいたって現実的だ。

 交通事情は欧米に比較するとお世辞にもいいとは言えないが、最近整備されてきた川の土手上の自転車道路や、人が少ない裏道などは自転車の王国といえる。また私の住んでいるおゆみ野には一周6kmの遊歩道があり、ここは自転車と人しか通らないから実に快適だ。
毎日の日課として約40㎞程度のライディングができた後は実に気分がいい。
よっしゃ今日も楽しく自転車に乗ったぞ!!」なんて高揚した気分になる。

 やはり老人の運動として自転車ほど体にフィットするものは少ない。派手な服装でヘルメットをかぶれば外目には老人に見えない。前からくる女学生が目をそっとそらすのには笑ってしまうが、そのくらい若々しく見えることも自転車の魅力だ。
ぜひとも年を取って歩くことも走ることもままならなくなった老人にはこの自転車をすすめたい。

 

| | コメント (0)

(30.12.31) 最後の老人力への挑戦  子供の勉学指導

22121_006 

  私は実にまじめに勉強をするし理解力もあるのだが、ひどい欠点があって記憶力が人並み優れて悪いのだ。ちょうどざるに水を入れているような具合で数日たつとほとんど忘れてしまう。
今まで勉学に励んでいたことをすべて記憶していればアルキメデスニュートン並みの学者になれたはずだと思うとひどく残念な気持ちだ。

 それでも救いは完全に忘れたわけではなく、砂漠に流れ込んではたちまちのうちに干からびてしまう河床程度の記憶力はある。もう一度勉強しなおせばたちまちのうちに思い出すのだが、その記憶も数日までだから必要の都度復習しなければならない。
最近そのことをひどく痛感させてくれるのが子供に対する勉学指導である。

 私は今高校生4人の勉学指導をしているおり、信じられないかもしれないがすべての学科を見ている。もともとは数学だけを教えるつもりだったが、そのうち化学や物理を教え始め、今は国語や英語や日本史まで指導の範囲が広がってしまった。
先生、物理がどうしても理解できなくて・・・」などと子供に言われると断るわけにはいかず、かつて高校生の時にならった物理を猛勉強してようやく教えられる水準に達する。

 しかし問題があって生徒を教える時間帯が重なると、生徒ごとに君は古文と漢文であったり、あなたは物理であったり、また数学であったり、英語であったりすると頭がマルチに働くなくなりフリーズしてしまう。なにしろ私の記憶力は鶏並みだから事前に準備をしていないとしばらく思い出すことができない。
え、これは三角関数で、そっちは過去完了未来で、運動方程式はこうで、本居宣長・・・・・・いやもうパニックだ・・・・・・

 できるだけ生徒が重ならないようにはしているが受験が近づいたり学内試験が近づくと毎日休みなく指導をするのでどうしても重なる。
今は5時から9時半までの4時間半をこうして指導しているので終わったらくたくたになってしまう。
せめて俺が人並み優れた記憶力の持ち主だったら、こんなに苦労はしないで済みそうなのに・・・」恨み節が出る。

 だがこうした毎日の緊張感がある意味では大事なのだろう。何しろ私は72才で、気持ちはすぐに引退して楽をしたい誘惑にかられる。
風呂に入ってゆっくりと食事をし、好きなテレビ番組を見て一日過ごせたらと思うが、そうした生活は刺激がないからすぐにぼけてしまうだろう。
何が何でも反復試行と独立試行の確率の違いを子供に教えられねば・・・」などと緊張していられる間が花なのだ。

 私はこのブログで何回も提案しているが、学生時代に優秀な成績をとっていた老人は子供の勉学のサポートをするのが最もぼけ防止や体調にいい。
ただ「俺は昔は優秀だった」などと言っているのはだめで、それを若い子供たちに還元してやるのが老人の務めだ。
私のように記憶力が鶏並みでもこうして努力しているのだから、ぜひ老人力を発揮してもらいたいものだと思う。
何しろ日本は老人ばかりで年金ばかりもらっていては日本がつぶれるから、それが最後のお務めといえるだろう。

注)どうしたら子供の勉強の指導ができるようになるかのノウハウを知りたい方はコメント等で照会してください。

| | コメント (0)

«(30.12.28) ルビコン川を渡った日本 IWCからの脱退声明